金利とは?

こんにちは、dogarseです。

今回は金利について解説していきます。

金利とは?

金利とは、貸したお金や預金につく利子のことである。または、その割合のこと。

利子とは?

利子とは、貸借したお金に対して、ある一定の割合で支払われる対価のこと。

金利についてわかりやすい解説

「金利を引き上げる」

「金利を引き下げる」

という言葉をよく聞くがなんのことかわっぱりわからない。

【例1】

金利1%の場合

私が友達にお金を100万円貸した。

金利は1%とする.

そしたら、100万円の1%は1万円である。

友達は私にお金を返すときは101万円を返す必要がある。

金利10%の場合

金利を10%にすると、

100万円の10%は10万円だから、

友達は私にお金を110万円返す必要がある。

金利によるお金の借りやすさが世の中の景気に影響する

低金利 < 高金利

金利1% < 金利10%

お金を借りやすい < お金を借りにくい

金利が上がると一般的に通貨も上がる

金利が上がると、一般的に通貨も上がります。

金利が上がる

預金しておくと、利息が多くなる

大勢が金利の高い通貨を買いたくなる

大勢が買うため通貨の価格も上昇する

景気が悪い場合

景気が悪くなる

世の中に出回るお金の量が減る

金利を下げるとお金を借りたときの利子が少なくなる

つまり、余分なお金を支払わなくて済む

【例】の金利1%のようなもの

世の中の大勢はお金を借りやすくなる

世の中に出回るお金の量が増える

景気回復を目指す

景気が良い場合

景気が良くなる

世の中に出回るお金の量が増える

金利を上げるとお金を借りたときの利子が多くなる

つまり、余分なお金を支払うことになる

【例】の金利10%のようなもの。

世の中の大勢がお金を借り難くなる

世の中に出回るお金の量が減る

景気を抑制する

金利の上げ下げによって世の中の景気のバランスを調整されている。

インフレとは?

インフレとは、物価がある期間中に持続的に上昇すること。

デフレとは?

デフレとは、物価がある期間中に持続的に下降すること。

金利がより高い国に通貨は流れがち

【例2】

「金利が低い国」と「金利が高い国」があるとする。

金利が低い国は、金利が高い国に預金したい。

なぜなら、金利が高い国に預金すると高い利息を得ることができる。

利息とは?

利息とは、お金に対して利益の割合を示す数値である。

金利が高い通貨を買うと、その金利差分の利息がつく。

金利上昇 → 通貨も買われ高くなる

2019/05/08水のFXデイトレ備忘録

下目線

安値ブレイクして、さらに下に下がっていきそう。

週足の支持線109.726まで下がる可能性が十分にある。

110.283を抵抗線として試し玉1万通貨でショートエントリー

110.290に損切り置いて、様子見。

損切りかかった。狭すぎたか。

日経、ダウ両方とも下げている。

目先110.000まで下がって、ここで利確の買いがありそう。

売り圧力が強いね。

スイング用のポジション

1500通貨でショート

110.2618でエントリー

10pipsで利確

安値ブレイクしたから試し玉でショートエントリー

高値110.180

安値109.922

2019/05/07火のFXデイトレ備忘録

試し玉エントリー

上がりきらなかったので利確

9時前にショートエントリー

中期線が上向いてきたので利確

20時前

高値110.853

安値110.542

16時の段階で引いてた安値110.593でショートエントリーしてる。

これは損切りかかりそうやなぁ。

今日は試し玉でエントリーしてる1万通貨の調子が良い。

NYボックスショートエントリー利確

この日は30pipsは下がりましたね

10pipsで少し早すぎる利確でした。

もっと利益を伸ばせるように工夫していこう。

7戦5勝2敗

勝率71%

110.283で反発しているので、ここに指値注文を2万通貨入れてみた。

結果はさらに10pips下がって損切り

次は110.283を抵抗線にして、さらに下に行くと思われる。

2019/05/06月のFXデイトレ備忘録

高値110.855

安値110.571

高値に逆指値入れてて約定したが、上がったところで損切りをエントリーポイントにして利益待ってたが、エントリーポイントに戻ってきて損切り

さらに、ブレイクしたのでさらに3万通貨でエントリーしたが、損切りポイントを.855にしておいたので同じく損切り

さらに.855を抵抗線として下がると思いショートしたが、また上がってきて損切り

また上がってきたので、上がると思いロング

いまここ

111.047まで上がってきてほしい。

この日は110.855でロングしてたら110.955で利確されてた

6戦4勝2敗

勝率66%

2019/05/03金のFXデイトレ備忘録

ゴールデンクロスでロングエントリー

含み損

21:30に米国の雇用統計があるなー

動く前に手仕舞いたいな。

今日のNYボックスは

高値111.543

安値111.459

値幅約10pips

これは下に抜けると思うけど、上ヒゲつけるやろうなー。

注文状況

損切り

ただ、高値にロング注文入れてたら、勝ってた。

3勝2敗になってた。

勝率6割

ここで、長い上ヒゲとなったから、ショートエントリー

111.459でエントリーしたとしたら、利確は111.359なので、そこに指値注文

損切りポイントを111.543に逆指値

指標の結果は良かったのかな?

わからん

23時にイザムがあるからまたその時に要チェック

下がってきたから、損切りポイントを111.500に変更し、損失がでないようにした。

これでまず損小にできた。

ここから利大を求めていく。

111.459で本来はショートエントリー

111.400で利食い

さらに下がったなー

利大は難しいね。

イザムは結果は悪かったみたいで下がったのね。

ここは111.459に損切り入れておいて、下値をさらに追いかける展開にするべきやったなー。

10pips超えたところで、すでに出ていた損失10pips分を確保しておきたいという思考が出てきて、損切りポイントを111.410まで下げてしまった。

それにより一時的な反発にひっかかり、少ない利確となってしまった。

もしこれを111.459のままだったら、損をすることはなかったし、爆益を得ることができていた。

その思考に至らなかったのは、先に無駄なところでエントリーしてしまい、NYボックス手法の実践が資金が拘束されてできなかったことにある。

しっかりルールは守ろう。

あー

またやってしまった

指標の後の謎の逆張り

なぜ明らかにダウントレンドなのに底値だと思いロングしてしまうのだろうか。

この現象に名前つけたい。

しかもフルレバね

タチが悪いし、これをしてるうちは初心者や。

狙い一発一中しないと。

運良く戻ってきたので即利確

もうこんな取引はしない

ちゃんとルール通りに従い、初心者から抜け出そう。



2019/04/30火のFXデイトレ備忘録

ドル円下抜けず

ユーロ円も上抜けず

1勝1敗

124.800でショートしてしまい無駄に10pips損してしまった

それを踏まえると1勝2敗だが、ルールを無視してるからカウントに含まず。

また124.005きたからロングしてて、含み損中