FXのスプレッドとは?

FXでは、ふたつの値段がある。

買値と売値です。

買値 ask アスク

買うときの値段

高いほうが買うときの値段

売値 bid ビッド

売るときの値段

安いほうが売るときの値段

スプレッドとは?

SPと書かれる。

スプレッドとは、買値と売値の差のこと。

スプレッドは取引コストとなる。

【目指せ脱初心者】9ヶ月で5万円を100万円にするFXトレーダーの長い道のり

こんにちは、dogarseです。

今日は2019/08/30です。

FXを始めてから早1年と4ヶ月

30万円くらい負けています。

負けまくった結果、口座には5万円しか残っていません。ワラエナイ

ここで!今一度FXの取引の改善に徹底して取り組んでいきたいと思います。

まず目標を明確に設定します。

9ヶ月で5万円を100万円にする!

そのために、自分の性格を理解したうえで、自分をコンサルしていこうと思います。

どうやったら自分がFXで勝つことができるようになるのか?

しっかりと考えていきたいと思います。

毎日考えたことをブログに忘れないようにまとめていきます。

どうかみなさまdogarseのFXトレードにおつきあいいただければ幸いです。

取引手順

毎日この取引手順を見ながらトレードを実施する。

最初のうちは取引手順を守ることができるが、気づいたら自分勝手なトレードをしてしまう。そして大負けする。これを何度も繰り返してしまった。

ここで取引手順を明確にし、毎日勝てるところを探し、勝てるところだけでエントリーするように徹底する。

株価のチェック 日経平均とダウ平均

株価が大きく動くと、為替もつられて大きく動きやすい。

  • 株価が上昇すれば、ドル円も上昇しやすい → 円安
  • 株価が下落すれば、ドル円も下落しやすい → 円高
  • 東京市場・欧州市場 ← 前日のダウ平均と動いている日経平均
  • NY市場 ← 動いているダウ平均

下図の株価では、日経平均が大幅に上昇している。ダウ平均はそんなに動かなかった。

よって、東京市場、欧州市場ではドル円を買いたい方向で考える。

目安としては、100を越えると大幅な動きと判断することが多い。

ただ、株価は参考程度にとどめる

デイトレードで重要なのは、60分足で判断する今日のトレンドである

日足チャートで長いトレンドを確認する

トレンドとは?

日足で直近の大きな長いトレンドを確認する

下図のチャートでは明確に下落トレンドとなっている

黄色い線が25日移動平均線で、向きが右上か横か右下かで判断できる

60分足で今日のトレンドを確認する

長いトレンドを確認したあとは、60分足で今日のトレンドを確認する

下図では、今日のトレンドは下落トレンドであることが確認できる

下落トレンドの場合

  • 順バリはドル円の売り
  • 逆バリはドル円の買い

逆に、上昇トレンドの場合は、

  • 順バリはドル円の買い
  • 逆バリはドル円の売り

順バリ・逆バリとは?

時計を見て順バリ、逆バリを決める

3つの武器のひとつめ時間軸を使い、順バリか逆バリで取引する時間帯か確認する

時間帯については下に詳細あり

オアンダ情報を見て取引シナリオを描く

順バリ時間での買いなら、すぐ上の逆指値買いの1%近くたまったポイントを探す

画像

順バリ時間での売りなら、すぐ下の逆指値売りの1%近くたまったポイントを探す

逆バリ時間での買いなら、すぐ下の指値買いの2%近くたまったポイントを探す

画像

逆バリ時間での売りなら、すぐ上の指値買いの2%近くたまったポイントを探す

画像

ダウ理論と重ね合わせる

オアンダのオープンオーダーで売買ポイントをみつける

見つけたら、

5分チャートを見て売買ポイントを決める

5分足で市場のトレンドを確認する

下図の5分足チャートで見た短いトレンドは下落トレンドです。

示す方向が食い違っている場合、デイトレードでは短いトレンドのほうが重要となります。

5分足チャートで売買ポイントで注文する

順バリ時間帯なら、売買ポイントに逆指値注文

逆バリ時間帯なら、売買ポイントで成行注文

決済を待つ

順バリ時間帯なら、エントリーしてから15分以内に決済する。

ただし、損切りポイントをエントリーポイントまで調整することができた場合のみ、15分以上ポジションを持っていいとする。そして、さらに利益を追う。

逆バリ時間帯なら、エントリーしてから市場が閉まるまでに決済する。

大事なこと

確実に勝てるところだけを狙う

できるだけ資金を減らさないように心がける

3つの武器

時間軸

夏時間

  • 09時から14時 順バリ
  • 14時から15時 逆バリ
  • 16時から20時 順バリ
  • 20時から21時 逆バリ
  • 21時から24時 休む
  • 24時から04時 逆バリ

冬時間

  • 09時から14時 順バリ
  • 14時から15時 逆バリ
  • 17時から21時 順バリ
  • 21時から22時 逆バリ
  • 22時から25時 休む
  • 25時から5時 逆バリ

ダウ理論

オアンダのオープンオーダー、オープンポジション

金利とは?

こんにちは、dogarseです。

今回は金利について解説していきます。

金利とは?

金利とは、貸したお金や預金につく利子のことである。または、その割合のこと。

利子とは?

利子とは、貸借したお金に対して、ある一定の割合で支払われる対価のこと。

金利についてわかりやすい解説

「金利を引き上げる」

「金利を引き下げる」

という言葉をよく聞くがなんのことかわっぱりわからない。

【例1】

金利1%の場合

私が友達にお金を100万円貸した。

金利は1%とする.

そしたら、100万円の1%は1万円である。

友達は私にお金を返すときは101万円を返す必要がある。

金利10%の場合

金利を10%にすると、

100万円の10%は10万円だから、

友達は私にお金を110万円返す必要がある。

金利によるお金の借りやすさが世の中の景気に影響する

低金利 < 高金利

金利1% < 金利10%

お金を借りやすい < お金を借りにくい

金利が上がると一般的に通貨も上がる

金利が上がると、一般的に通貨も上がります。

金利が上がる

預金しておくと、利息が多くなる

大勢が金利の高い通貨を買いたくなる

大勢が買うため通貨の価格も上昇する

景気が悪い場合

景気が悪くなる

世の中に出回るお金の量が減る

金利を下げるとお金を借りたときの利子が少なくなる

つまり、余分なお金を支払わなくて済む

【例】の金利1%のようなもの

世の中の大勢はお金を借りやすくなる

世の中に出回るお金の量が増える

景気回復を目指す

景気が良い場合

景気が良くなる

世の中に出回るお金の量が増える

金利を上げるとお金を借りたときの利子が多くなる

つまり、余分なお金を支払うことになる

【例】の金利10%のようなもの。

世の中の大勢がお金を借り難くなる

世の中に出回るお金の量が減る

景気を抑制する

金利の上げ下げによって世の中の景気のバランスを調整されている。

インフレとは?

インフレとは、物価がある期間中に持続的に上昇すること。

デフレとは?

デフレとは、物価がある期間中に持続的に下降すること。

金利がより高い国に通貨は流れがち

【例2】

「金利が低い国」と「金利が高い国」があるとする。

金利が低い国は、金利が高い国に預金したい。

なぜなら、金利が高い国に預金すると高い利息を得ることができる。

利息とは?

利息とは、お金に対して利益の割合を示す数値である。

金利が高い通貨を買うと、その金利差分の利息がつく。

金利上昇 → 通貨も買われ高くなる

2019/05/08水のFXデイトレ備忘録

下目線

安値ブレイクして、さらに下に下がっていきそう。

週足の支持線109.726まで下がる可能性が十分にある。

110.283を抵抗線として試し玉1万通貨でショートエントリー

110.290に損切り置いて、様子見。

損切りかかった。狭すぎたか。

日経、ダウ両方とも下げている。

目先110.000まで下がって、ここで利確の買いがありそう。

売り圧力が強いね。

スイング用のポジション

1500通貨でショート

110.2618でエントリー

10pipsで利確

安値ブレイクしたから試し玉でショートエントリー

高値110.180

安値109.922

2019/05/07火のFXデイトレ備忘録

試し玉エントリー

上がりきらなかったので利確

9時前にショートエントリー

中期線が上向いてきたので利確

20時前

高値110.853

安値110.542

16時の段階で引いてた安値110.593でショートエントリーしてる。

これは損切りかかりそうやなぁ。

今日は試し玉でエントリーしてる1万通貨の調子が良い。

NYボックスショートエントリー利確

この日は30pipsは下がりましたね

10pipsで少し早すぎる利確でした。

もっと利益を伸ばせるように工夫していこう。

7戦5勝2敗

勝率71%

110.283で反発しているので、ここに指値注文を2万通貨入れてみた。

結果はさらに10pips下がって損切り

次は110.283を抵抗線にして、さらに下に行くと思われる。

2019/05/06月のFXデイトレ備忘録

高値110.855

安値110.571

高値に逆指値入れてて約定したが、上がったところで損切りをエントリーポイントにして利益待ってたが、エントリーポイントに戻ってきて損切り

さらに、ブレイクしたのでさらに3万通貨でエントリーしたが、損切りポイントを.855にしておいたので同じく損切り

さらに.855を抵抗線として下がると思いショートしたが、また上がってきて損切り

また上がってきたので、上がると思いロング

いまここ

111.047まで上がってきてほしい。

この日は110.855でロングしてたら110.955で利確されてた

6戦4勝2敗

勝率66%