【手法1】東大院生が考えたスマートフォンFX

東大院生が考えたスマートフォンFX 田畑昇人

・前書き

FXで知ったことはルールを知らないと必ず負ける。ということです。

投資の世界はアマチュアのテニスと似ています。

アマチュアのテニスは敗者のゲームといわれます。ゲームの結果は、敗者の側のミスによって決まるのです。

投資の世界も全く一緒です。金に目がくらんだ新参者が常に参入してくるのが、外国為替市場です。

FX投資は自動車の運転にも似ているかもしれません。

・要約

これから取引をしていくときに重要となる点からまとめる。

3つの武器

1 時間帯による値動きの特性

2 需給分析

3 テクニカル分析

目次

1.順張り逆張りは時間が決める

2.心理を推測する正当理論 ダウ理論と裏技

3.為替市場の特異な法則=アノマリーを利用

4.なぜみんな損切りができずに死んでいくのか

5.プロスペクト理論

6.勝率

7.テクニカル分析、時計、オアンダを駆使する

8.スマホ1つで世界中どこでもできる

チャプター1

9ヶ月で1000万円を稼ぐまで

チャプター2

FXの本質

チャプター3

トレードの方向は時間が決める。

-相場は3種類しかない

・アップトレンド 上昇している相場

・ダウントレンド 下落している相場

・レンジ/もち合い トレンドがなく一定幅で上下している相場

-順張りと逆張りの区別

順張り トレンドについていく

逆張り トレンドと反対方向に取引する

-時間帯による値動きの特性

09:00~14:00 順張り

15:00~16:00 逆張り

16:00~20:00 順張り 1番やりやすい

20:00~21:00 逆張り

東京市場の高値・安値を抜けるとトレンドが生じやすい。

-月曜の早起きは三文の徳

月曜日の窓埋め

朝7時に窓を埋める方向にポジションをとる。

-ゴトー日は仲値のドル買いを狙う

仲値は朝9時55分の為替レートが基準になる。

9時から9時55分まではドル/円は上がりやすくなる

ゴトーの日とは「5」と「0」がつく日。

5日、10日、15日、20日、25日、30日

もうひとつ付け加えると仲値のドル売り

9時54分にドル/円の売りを入れると、高い確率で勝てる。ただし、30分以内には決済する。

5銭の利益を狙う

10時半までには決済。

-スワップ3倍デーの逆張り取引

水曜の24時から買いポジション

6時の10分前には決済

時間的には逆張り時間の為、全体的なトレンドが下げているとより有効になる。

FOMC(連邦公開市場委員会)には注意。6週間ごとの開催。

チャプター4

投資家の心理を読む

-正当理論 ダウ理論

支持銭や抵抗線は「値動きが止められやすいポイント」ですし、「もしも抜けたときは値動きに勢いがつきやすいポイント」となる。

-買い手と売り手のバランスが崩れると相場が動きだす

-抵抗線・支持線は心理の変わり目

・抵抗線を明確に上抜けたところで買い

・支持銭を明確に下抜けたところで売り

短期トレードで大切なのは勢い。判断するのがダウ理論

損失を小さくし、利益を大きくすることがFXで勝つコツ

-オープンオーダーの見方は必須知識

・オープンオーダー 注文量を示す

指値は2%、逆指値は1%が多いと考える目安だが、前後の注文量とのバランスも考慮する。

逆指値を抜けると値動きが加速しやすい=順張りに使いやすい

指値で値動きが反転しやすい=逆張りに使いやすい

・オープンポジション ポジション量を示す

売りと買い、含み損が多いのはどちらかを見る

①含み損の買いのほうが多い場合=売り手優位で下がりやすい。

②含み損の売りのほうが多い=買い手優位で上がりやすい。

-逆指値のたまったレートまで動き走る

FXは無慈悲なゼロサムゲーム

・大きな損きりがあるところまで為替レートは動きやすい

・大きな損きりが約定すると相場に勢いが生まれやすい

逆指値が「そこを抜けると走るポイント」に対して、指値は「そこで反発しやすいポイント」

-ポジション状況で相場の方向がわかる

「買い手と売り手、含み益が多いのはどちらだろう」と確認する。

チャプター5

投資家ほど自制心が必要な仕事はない。

-損切り

-プロスペクト理論

-目の前の利益に飛びつくな

-損しないことを目的にする愚策

-フルレバで

-成功は1日にしてならず

チャプター6

年利50%を可能にする実践トレード

-デイトレード

-トレードの進め方

逆バリ時間

順張り時間

-株価チェック

ボラティリティ(値動きの大きさ)を予測するうえで株価のチェックは欠かせない。

株価が下がった日は円高傾向

株価が上がった日は円安傾向

-オアンダ情報の見方まとめ

順張り時間での買いなら、すぐ上の逆指値買いのたまったポイント

順張り時間での売りなら、すぐ下の逆指値売りのたまったポイント

-ボリン

5分足

逆張り時間帯でタッチしたら反転を狙う

-欧州順張り時間のブレイク狙い

もっとも安全なのが東京市場レンジを欧州市場の時間にブレイクするところを狙うやり方

-エントリーの精度を上げるMACD

MACD自体のゴールデンクロスとデッドクロス

60分足、30分足

アップトレンドで逆張り時間には0.1付近でデッドクロス間近なときに売り、

ダウントレンドで逆張り時間なら-0.1付近でゴールデンクロス間近で買い

より細かいタイミングは5分足

逆張り時間では5分足のMACDがクロスしそうになっていたら逆張りサインである可能性が高い。

このとき利益確定のターゲットとしてボリンの真ん中ラインがターゲットとなる可能性が高い。

-トレードのやり方まとめ