チャートにおける上昇・下落のシグナル

チャートを見るとトレンドがわかる。

これから為替がどう動くのか、過去の価格や取引量といったデータの時系列パターンから判断する手法を「テクニカル分析」といいます。

テクニカル分析で使われるツールが、「チャート」と呼ばれるグラフです。

上昇と下落のパターンがあるから、まずはこれを覚えるべし。

・上昇のシグナル

1.三手大陰線

下落相場において3本つづけて大陰線が出現したときは、反転して上昇となる確率が高い。ただし、高値圏で出たときは、さらなる下落の兆候なので要注意。

2.たくり線

寄り付きから安く、大きく突っ込んだものの急反発して小安く終わった形。大陰線のあとに出る下影陰線、あるいは陰のカラカサのこと。下ヒゲが長いほど、反発力は強い。

3.やぐら底

大陰線が出た後、底値付近で為替が煮詰まる。上にも行かない「保ちあい(横ばい)」がつづいたあと、大陽線があらわれるとやぐら底が完成。上昇相場へ。

4.逆襲線

いきなり大きく下放れして寄り付いたあと、急反発。大陽線をあらわしたものの、前の足型よりは下値にある。これを逆襲線と予備、為替は反発する。

【下放れ】前のローソク足の終値よりもはるか下で寄り付いたもの。

5.上放れタスキ

「タスキ」とは、上昇相場なら陽線のあと、次の足型が前のローソク足の範囲内から寄り付き、陰線となったケース。上放れ陽線のあとタスキとなれば上昇が加速。

【上放れ】前のローソク足の終値よりもはるか上で寄り付いたもの。

6.カブセを上抜く線

カブセは、前の陽線の終値より高く寄り付いたが、その後反落して前のローソク足のなかに食い込んで陰線となった形。天井形成のケースだが、のちに上抜けすると上昇へ。

7.上伸途上の極線・寄せ線

上昇相場の途上で、大陽線につづいてコマか寄り付き同時線(十時線)が出ると分岐点となる。その後、さらに陽線が出ると上昇は勢いづく。

8.マド埋め

2本のローソク足の空間がマド。前の足型から放れて寄り付き、値動きが前の値幅内にかからないときにできる。上昇課過程でマドが開いたあと、相場が反転して、マドが開く前の値(マド埋め)に戻ったら、さらに上昇する。

上昇のパターン

1.逆ヘッド・アンド・ショルダー

底値で3回谷を形成し、その中で2番目の谷が最も安値になるパターン。最初の谷に向かって為替水準は安くなり、一度反転したあと、再度下落。反発して三度下落したのち上昇する。2つの山を結ぶ線をネックラインという。

2.ダブル・ボトム

チャートの形がWの形を描くように2つの谷を形成するパターン。最初の谷から小反発した高値がネックライン。2番目の底値から上昇し、ネックラインを越えたところから本格的に上昇する。

3.ソーサー・ボトム

なだらかななべ底のような曲線を描くチャート。高値からだらだらと為替水準を切り下げたあと、下げ幅が縮まり、やがて上昇に転じていく。買いのチャンスは明確ではないものの、大きめの陽線がでたときを狙う。戻りの水準は下落前の高値。

4.V字形

急激に為替水準が桐下がったあと、急回復するパターンである。チャートがV字形を示す。底値の確認は難しいが、上向いたときが買いのタイミング。戻りの水準は、急落前の高値を目安にする。

・下落のシグナル

1.三羽ガラス

上昇相場がつづいたあと、陰線が連続し、為替水準が下落するパターン。最初の陰線の始値が前の高値より下回っていると下落する。上放れしていると上昇の可能性あり。

2.カブセ線

上昇しつづけていた為替相場が、勢い余って次の足型で高く寄り付いたものの、買いがつづかず、反落して前の陽線に食い込んで陰線となったもの。下落の兆候となる。

3.はらみ寄せ線

前の陽線・陰線の柱の部分に次の足型が入ってしまったのが「はらみ線」。前の陽線が次の十字線をはらんだようになると「はらみ寄せ線」となり下落へ。

4.上位での陰の寄り切り線

「寄り切り線」とは、上昇していえるときは、「陰の寄り付き坊主」を指す。高値圏で寄り付き、大幅に下落した陰線を形成すれば、下落の可能性大。

5.下げ足の寄せ線

下落相場の途上で、「十字線」があらわれると「下げ足の寄せ線」。為替相場はその段階から一段と安くなる可能性が高く、売りの好機となる。

6.行き詰まり線

上昇相場がつづいて新高値をつけたあと、次の足方も陽線となる。しかし、前の高値よりも下位で寄り付き、高値を更新せずに陽引けした形。反落のきざしとなる。

7.上位の上放れ陰線

上昇相場の途上で上放れして寄り付いたものの、売りに押されて陰線で引けた場合。それでも終値がローソク足の終値より上にあるのを「上位の上放れ陰線」といい暴落のきざし。

8.上放れ十字線

上昇相場のなかで、上放れて十字線が出現。次に下放れして陰線が出たときなどを「上放れ十字線」(あるいは捨て子線)という。大暴落のきざしとされる。

下落のパターン

1.ヘッド・アンド・ショルダー

チャートが三つの山を形成、そのなかでも真ん中の山が一番高いパターン。為替が上昇をつづけ、最初の山を築いたところで反落。再度、高値を更新したものの反落、三度上昇したが、直近の高値を更新できずに反落する。

二つの谷を結ぶ線がネックライン。価格がネックラインを抜けたら売り。

2.ダブル・トップ

ほぼ同じ高さの山を形成。上昇が長くつづいたあとに出やすい。天井を形成したあと、いったん調整、再度高値に挑戦して山を形成する。しかし、そこから上値を追うほどに勢いがつかず、反落。為替の下落に拍車がかかる。

二つの山の間にある谷の位置がネックライン。価格がネックラインを下回ったら売り。

3.ソーサー・トップ

為替水準が少しづつ高まっていくものの、だんだん勢いが衰えていく。

売りの勢いがやがてまさり、だらだらと下落に向かっていく。大きめの陰線がだたら見切りを、その後、下落のスピードはましていく。

4.逆V字形

為替水準が一気に上昇したのち、高値警戒感を出たところで、今度は急下降していくパターン。一本調子であがったあとに出やすい。上昇ピッチと同様に下落のスピードも速い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA