投資信託について

運用利回りを考える。

目論見書を確認する。

目論見書 投資信託説明書 ①投資信託の目的・特色②投資のリスク ③運用実績 ④手続き・手数料

1.何を使って運用するのか

2.どんな運用方針なのか

3.どんなリスクがあるのか

4.現在までの運用実績はどうか

純資産総額

基準価額(きじゅんかがく)

インデックスファンドは長期で5年から10年の運用。

トータルリターン 投資信託の一定期間内での利益率

騰落率 基準価額の変動率をあらわす

コスト

購入するとき 販売手数料 基準価額に対して1.08%~3.15%程度 ノーロード販売手数料がゼロ

保有中 信託報酬 純資産総額に対して年0.5%~2.5%程度 信託財産から日割りで毎日差し引かれる。

解約するとき 信託財産留保額 基準価額に対して0.1%~0.5%程度

税金 解約時の値上がり益(譲渡益)・分配金(普通分配)といった利益に対して20.135%が課税。NISAなら免除。

インデックス型 指数にあわせて運用 国内株 日経平均株価 日経225 ダウ平均

追加型 オープン型

インデックス型株式ファンド

ニッセイ日系225インデックスファンド

インデックスファンドNYダウ30

インデックス型が初心者向き

純資産総額が減っていないものがいい。

信託報酬の低いものがいい。1.45%以下がおすすめ。

トータルリターンが高いものがよい 5%以上。

4資産分散 国内株式、国内債券、先進国株式、先進国債券

ドルコスト平均法

分配金は再投資 複利で運用

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA