2018.08.24.FRIのFXトレード

本日のトレードの振り返り。

仕事が19時に終わってからの取引になります。エントリーした時間は19時30分ちょうど。

ここから1.16000まであがる見込みがあるので、さらに利益を伸ばして生きたいと思います。

1.16まであがっていくと思った根拠をあげていきます。

オアンダのオープンオーダーです。左が非累積で右が純額です。

青色の逆指値に注目します。1.1600のところに1%近くたまっているのがわかりますね。逆指値注文ということはこれから価格が下がると思った人がショートのポジションを持っていました。1.16まであがったところで損切りをするように注文をいれたのが逆指値注文です。よってこの値まで価格が動くことがよくあります。そこを狙って買い、ロングしていきます。

オープンポジションをみてもショートしている人が損益を抱えているのがわかります。そうすると、損切りしていくので、価格はあがりやすくなります。

2018.08.02のFXトレード

株価が下がっているから売り目線。

オアンダは上に逆指値がたまっているが、5分足は下落トレンドで逆指値もすこしあったから売ってみた。

今回は運よくさがった気がする。10pipsで利食い。

うーん。なんかたまたまな気がするなー。

 

2018.08.01のFXトレード

まず朝9時にオアンダを見て、逆指値がしたにたまっていたから売ってみた。

そしたらあがってしまって損切り。

次に12時にオアンダ見ると、112円に逆指値がたまっていたから買ってみた。

そしたらすぐに利食いしてる。なんで利食いしてるんだろう。ここでそのままポ

ジション持っていたら10pips動いていたのに。

次に16時に買ってる。さがって損切り。

次は売ってたまたまさがって10pipsの利食い。

こうやってちゃんと振り返ってみると全然ルールを守れてない。

プロスペクト理論に打ち勝つにはルールを作り、ルールに従う。

これに徹する。

明日のトレードから気をつけよう。

FXとは?

FXとは?

FX = Foreign Exchange

日本語だと、外国為替証拠金取引

はて、なんのことやら。噛み砕いて説明していきましょう。

つまり、「ある通貨と別の通貨を交換する取引」のことです。

米ドルと円がありますよね。米ドルと円を交換する取引のことです。

通貨ペアは先に書いてあるほうが主体となる。

米ドル円の買いといったら米ドルを買って円を売る取引のこと。

米ドル円の売りといったら米ドルを売って円を買う取引のこと。

基軸通貨:為替取引の際に基準となる通貨。現在は米ドル。

 

 

トラノコ おつりで投資

おつりで投資できるアプリトラノコ

とりあえずはじめてみるのが僕のスタンス。

さっそくダウンロードしました。

投資にも興味があったし、マイルも貯まるってことで一石二鳥じゃん。

さあ、詳細をみてみよう。

「トラノコ」は、毎日のお買い物のおつりを自動で投資に回せる「おつりで投資」アプリとのこと。

ほうほう。

①口座開設で700マイル。

条件:口座開設後、12回(毎月1回、合計12回)の投資を実行する必要有。12回実行する前に解約すると0マイル。また、リンクを経由する必要有。経由しないと対象外。マイレージのお客様番号を登録して、12回目の投資実行さっれた翌々月末までに積算される。

②トラノコの投資金額に関わらず利用すると毎月5マイル。

条件:12回(毎月1回、合計12回)の投資を実行する必要有。12回の前に解約すると対象外。銀行口座の残高不足で引き落としができなかった場合はその月はカウント対象外。12回目の投資実行の翌々月末までに12ヶ月分の60マイルがまとめて積算される。その後は、トラノコのご利用投資額締め日(毎月27日前後)の翌々月末までに毎月5マイル積算される。

なるほどね。1年間は継続してほしいのね。そして1年も続ければそのまま続けそう。

最初の1年は760マイル貯めれるね。2年目からは毎年60マイル。

とりあえず戦略にのっかって、1年間やってみようかな。


投資のほうはお金が儲かるのかな。みてみよう。

投資の仕組み:

1:クレジットカードでお買い物をする。

2:家計簿アプリにクレジットカードを連携させておく。

3:家計簿アプリとトラノコを連携させる。

4:設定金額分がおつりとして集計されていく。

5:集計された金額を引き落とし日に指定口座から引き落とされる。

6:翌月の指定日から投資される。

一度設定さえすれば自動でマイルは貯まるし、投資もできるとはめんどくさがりの僕にはぴったり。

月額300円(税込)

運用報酬額0.3%

このふたつは固定のようね。固定ということは、投資金額が増えていけば、どんどん割安になっていく。長期投資アプリと謳う理由にも納得ですな。

さあ、理解できたことだしはじめてみますか。


 

ここで、毎月の流れを簡単にまとめておく。

投資承認が1ヶ月間前月末から当月末まで(毎月27日前後)

→金額が確定したら翌月の6日に指定銀行から引落

→引き落とされたら翌月13日から運用が開始される。

 

僕自身で2018年の2月からはじめた。日程詳細を記録しておく。

1月29日から2月25日の期間のおつりから投資金額が決まる。

3月 314円  累計314円   月額無料 引落日3月6日    運用日開始 3月13日

4月 554円  累計868円   月額無料 引落日4月6日    運用開始日 4月13日

5月 3531円 累計4399円  月額無料 引落日5月7日    運用開始日 5月14日

6月 4026円 累計8425円  月額300円 引落日6月6日  運用開始日 6月13日

7月 3126円 累計11641円 月額300円 引落日7月6日  運用開始日 7月13日

8月 4997円 累計16635円 月額300円 引落日8月6日  運用開始日 8月13日予定

例:

投資承認の開始日27日前後。6月28日から7月26日までにいくら分のおつりを投資するかを決める。

金額が決定すると、8月6日に指定銀行口座から引き落とされる。

そのあと8月13日から運用される。

 

はじめてから半年。こんな感じ。設定さえしてしまえば簡単やね。

↓現在の投資状況はこちら。11674円。えーっと、投資金額が11641円だから、11674円ー11641円=33円増えてる!

↑前月比ってのが、新しく投資された金額も含めて表示されているから、運用でどのくらい増えたかの確認はしずらいかもね。

↑今月の投資承認額。

投資したくなかったら、承認キャンセルできるから調整もしやすい。

↑投資金額の設定。5月から投資承認を自動化してみた。投資上限を設定しておけば投資しすぎることもないから安心。僕は上限の中で最低金額の5000円で設定中。おつりの投資単位も100円。はじめは小額からでもはじめられる。

↑シミュレーション機能がついている。僕はリターン重視の大トラを選択しています。

これによると10年後には200万越えかあ。毎月5000円の投資だと、貯金だけだと、

5000円 × 12ヶ月 × 10年 = 60万円

それが200万に増えると考えると140万円分もお得。

これはやるしかない。

 

 

↑マイル確認もできて、半年経って5マイル×6=30マイルと口座開設の700マイルでこのまま投資をあと半年続ければ730マイルも積算予定であることも確認できる。

↑おつりを読み込むのに家計簿アプリと連動すれば簡単に読み込める。マネーツリーの設定方法はまた後日紹介します!

さあ、みなさんもトラノコで長期投資とマイルをコツコツ貯めていきましょう!