2018.08.24.FRIのFXトレード

本日のトレードの振り返り。

仕事が19時に終わってからの取引になります。エントリーした時間は19時30分ちょうど。

ここから1.16000まであがる見込みがあるので、さらに利益を伸ばして生きたいと思います。

1.16まであがっていくと思った根拠をあげていきます。

オアンダのオープンオーダーです。左が非累積で右が純額です。

青色の逆指値に注目します。1.1600のところに1%近くたまっているのがわかりますね。逆指値注文ということはこれから価格が下がると思った人がショートのポジションを持っていました。1.16まであがったところで損切りをするように注文をいれたのが逆指値注文です。よってこの値まで価格が動くことがよくあります。そこを狙って買い、ロングしていきます。

オープンポジションをみてもショートしている人が損益を抱えているのがわかります。そうすると、損切りしていくので、価格はあがりやすくなります。



2018.08.02のFXトレード

株価が下がっているから売り目線。

オアンダは上に逆指値がたまっているが、5分足は下落トレンドで逆指値もすこしあったから売ってみた。

今回は運よくさがった気がする。10pipsで利食い。

うーん。なんかたまたまな気がするなー。

 



2018.08.01のFXトレード

まず朝9時にオアンダを見て、逆指値がしたにたまっていたから売ってみた。

そしたらあがってしまって損切り。

次に12時にオアンダ見ると、112円に逆指値がたまっていたから買ってみた。

そしたらすぐに利食いしてる。なんで利食いしてるんだろう。ここでそのままポ

ジション持っていたら10pips動いていたのに。

次に16時に買ってる。さがって損切り。

次は売ってたまたまさがって10pipsの利食い。

こうやってちゃんと振り返ってみると全然ルールを守れてない。

プロスペクト理論に打ち勝つにはルールを作り、ルールに従う。

これに徹する。

明日のトレードから気をつけよう。