簿記3級1日目

簿記(ぼき)とは?
帳簿記録(ちょうぼきろく)を略したものです。

文字通り帳簿に記録することです。
家庭なら家計簿と言われています。
これから企業の簿記は、企業の活動を帳簿に記録する手続きです。

日商簿記検定3級では、個人商店における商業簿記を学びます。

簿記の目的
経営成績
どのような原因でいくら儲かったかを損益計算書で明らかにする。
財政状態
どのように資金を集めてどのようにその資金を運用しているのかを貸借対照表で明らかにします。

資産とは?
企業の資金の運用形態としての財貨や債券を総称して資産といいます。
財貨・・・現金、商品、建物、土地
債券・・・貸付金(お金を貸して、将来返済してもらえる権利)
     売掛金(商品を売り、代金を将来支払ってもらえる権利)
いわゆるそのうちもらえるお金のことです。

負債とは?
企業が負っている債務など、他人からの資金調達分を負債といいます。
借入金(お金を借り、将来返済しなければならない義務)
買掛金(商品を仕入れ、将来支払わなければならない義務)

資本とは?
出資額や企業が稼ぎ出した利益など、自己資金部分を資本といいます。
資産から負債を差し引いた正味の財産です。

資本等式
資産 - 負債 = 資本

貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)とは?
Balance Sheet
B/S と略す。
貸借対照表とは、一定時点における企業の財政状態を、資産・負債・資本によって表す報告書のことです。

貸借対照表等式
資産 = 負債 + 資本

損益計算書(そんえきけいさんしょ)とは?
Profit and Loss Statement
P/L と略す。
損益計算書とは、一定期間における企業の経営成績を、収益・費用とその差額である当期純利益(または当期純損失)によって表す報告書のことです。
儲けがどのような理由で発生したかがわかるようになります。

損益計算書等式
費用 + 当期純利益 = 収益

収益とは?
企業の資本の増加をもたらす原因の総称を収益といいます。
受取利息(お金を貸すことによって受け取る利息)
受取手数料(取引の仲介等のサービスによって受け取る手数料)
商品販売益(商品を仕入値より高く販売することによる儲け分)

費用とは?
企業の資本の減少をもたらす原因の総称を費用といいます。
支払利息(お金を借りることによって支払う利息)
支払手数料(取引の仲介等のサービスによって支払う手数料)
給料(従業員に支払う労働の対価)

簿記上の取引は、ものやお金が増減する取引はすべて記録します。

仕訳帳と総勘定元帳という2つのノートが最も重要な帳簿です。
取引が行われたら、まずは仕分帳に仕訳という記入をし、
そのあとに総勘定元帳に転記という記入をします。

総勘定元帳とは?(そうかんじょうもとちょう)
簿記上の取引は、総勘定元帳というノートに記録されます。
総勘定元帳には勘定といわれる集計表がのっています。
すべての勘定を1冊にまとめたノートが総勘定元帳です。

勘定とは?(かんじょう)
次のような形式の集計表を勘定といいます。

借方|貸方

勘定の左側を借方(かりかた)、右側を貸方(かしかた)といいます。
借方(左)をプラス、貸方(右)をマイナスと決めます。

勘定科目とは?
勘定は、資産・負債・資本・収益・費用のグループに分類され、さらにその内容や性質を表す名称がつけられます。
これらの名称を勘定項目といい、勘定科目で帳簿に記入されます。

勘定のグループ勘定科目
勘定資産現金、貸付金、備品・・・
負債借入金・・・
資本資本金・・・
収益受取利息、商品販売益・・・
費用受取利息、商品販売益・・・

勘定記入のルール

仕分帳とは?
簿記上の取引は、必ずある勘定の借方に記入されるものと、他の勘定の貸方に記入されるものとに分けられます。これを取引の二重性(仕訳の二重性)といいます。
仕訳は、仕訳帳というノートに取引の発生順に記入します。
その後に各勘定に記入(転記)するのです。

取引・仕訳・転記

決算とは?
会計期間の最終日になったら、P/LとB/Sを作ります。この一連の手続を決算といいます。

試算表とは?
Trial Balance
T/B と略す。

貸借平均の原理
仕訳の借方と貸方の金額は必ず一致させる。
よって転記先のすべての勘定を合計すれば、借方と貸方の合計金額は必ず一致するはずであること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA