【FX】ドル円チャートの見方を解説!2020/05/19(火)

2020/05/19(火)のドル円の60分足チャート

こんにちは。dogarse(@d0garse)です。

本記事ではドル円のチャートの見方についわかりやすく解説していきます。

毎日チャートを見て、テクニカル分析をして、戦略を立てて、良いトレードをしていきましょう!

日経とダウの株価

2020/05/19(火)の日経とダウの株価
2020/05/19(火)の日経とダウの株価

日経が+299と大幅に上昇。

ダウは少し下がっているところ。

日経の影響を受ければドル円は上方向かな。

日経の日足

2020/05/19(火)の日経の日足チャート
2020/05/19(火)の日経の日足チャート

日経はまだ緩やかな上昇トレンドですかね。

横向きになってもいますね。

ダウの日足

2020/05/19(火)のダウの日足チャート
2020/05/19(火)のダウの日足チャート

ダウも同じように横ばい。

これから下にいきそうな予感がします。

オアンダのオープンオーダーとオープンポジション

2020/05/19(火)のオアンダのオープンオーダーとオープンポジション
2020/05/19(火)のオアンダのオープンオーダーとオープンポジション

オープンオーダーでは、左上に利確の指値注文があります。

オープンポジションをみると、右下に含み益を抱えたロングポジションを持った人たちがいるので、この人たちが入れている利確の注文のようですね。

目先、あがっていきそうですね。

利確の指値注文がたまっているのは108.350です。

ドル円のオーダー

2020/05/19(火)のドル円のオーダー
2020/05/19(火)のドル円のオーダー

107.50〜107.80を超えてくるとストップロス買い混在となっているので、上昇の勢いがちょっとあるけどそんなにあがらないイメージですね。

通過強弱

2020/05/19(火)の通過強弱
2020/05/19(火)の通過強弱

今日は円がとても弱いですね。

ドルもマイナスで弱いのですが、相対的にドル円は上がっている状況です。

ドル円の週足

2020/05/19(火)のドル円の週足チャート
2020/05/19(火)のドル円の週足チャート

アップトレンドラインまで陽線が到達しました。

ここで反落する可能性がまずあります。

反落せずに支持線の中に戻ってくる可能性もあります。

ドル円の日足

2020/05/19(火)のドル円の日足チャート
2020/05/19(火)のドル円の日足チャート

上昇トレンド風ですね。

+2σにタッチしたかつ、-2σが広がっていないので、これから反落してくる可能性のほうが高いですね。

ドル円の4時間足

2020/05/19(火)のドル円の4時間足チャート
2020/05/19(火)のドル円の4時間足チャート

直近の高値ぶち抜けてますね。

ただ、十字線になって足を確定しそうなので、トレンドの転換点になりそうです。

ドル円の2時間足

2020/05/19(火)のドル円の2時間足チャート
2020/05/19(火)のドル円の2時間足チャート

明らかに21移動平均線から乖離していますね。

ドル円の60分足

2020/05/19(火)のドル円の60分足チャート
2020/05/19(火)のドル円の60分足チャート

上がりすぎたら必ず下がってきます。

ここで、ショートエントリーして、21移動平均線の少し上で利確するのがよさそうですね。

【戦略】

直近高値の108.100を背にして、ショートエントリーが勝率高そうです。

利確ポイントは21移動平均線のちょっと上かな。

21移動平均線と40pips乖離しているので、これは離れすぎといえるでしょう。

【まとめ】

ここまでチャート分析してみて、人によってたてる戦略は全然違うでしょう。

今回は、1日2日で利益がとれる戦略として、60分足で移動平均線から乖離しすぎているので、戻ってくる特性を活用して、ショートエントリーしました。

押し目買いの戦略もあるとは思うのですが、偶然確認した時間では108.000近くだったので、ショートの戦略をたてました。

今回のチャートの見方が参考になれば幸いです。

それではまた!

【FX】ドル円チャートの見方を解説!2020/05/18(月)

こんにちは。dogarse(@d0garse)です。

本記事ではドル円のチャートの見方についわかりやすく解説していきます。

毎日チャートを見て、テクニカル分析をして、戦略を立てて、良いトレードをしていきましょう!

日経とダウの株価

kabuka-2020_05_18
2020/05/18(月)の日経とダウの株価

日経はほとんど動きはありませんでした。

ダウが米国市場が開いたら、大幅に上昇しています。

ドル円はダウの影響を受けて上がっていくかもしれません。

オアンダのオープンオーダーとオープンポジション

oanda-2020_05_18
2020/05/18(月)のオアンダのオープンオーダーとオープンポジション

107.300に利確の指値注文がたまっています。

目先下がるけど、利確の指値注文が発動されたら反発する可能性がありますね。

ドル円のオーダー

order-2020_05_18
2020/05/18(月)のドル円のオーダー

107.600をこえたら上に勢いがつきそうです。

通過強弱

kyozyaku-2020_05_18
2020/05/18(月)の通過強弱

円が弱いですが、ドルも弱いです。

そのためドル円は相対的にみて円のほうが弱いので、ドルは上方向と考えられます。

しかし、ドルも弱いのでそんなにあがらないと想定できます。

ドル円の週足

usdjpy-week-2020_05_18
2020/05/18(月)のドル円の週足チャート

週足はダウントレンドなのですが、先週の陽線の影響を受けて今週は上がっていくかもしれないですね。

ドル円の日足

usdjpy-day-2020_05_18
2020/05/18(月)のドル円の日足チャート

日足は、アップトレンドラインにサポートされている緩やかな上昇トレンドになっています。

短期ならロングでエントリーするほうが優位性がありそうです。

ドル円の4時間足

usdjpy-4hour-2020_05_18
2020/05/18(月)のドル円の4時間足チャート

200の長期移動平均線で頭を抑えられているチャートになります。

ここを上に抜けていくにはかなりのパワーが必要です。

それにはボリバンが広がっていないので、まだあがらないかな。

ドル円の2時間足

usdjpy-2hour-2020_05_18
2020/05/18(月)のドル円の2時間足チャート

緩やかな上昇トレンドのチャネルラインで挟まれています。

しばらくレンジが続きそうなイメージです。

ドル円の60分足

usdjpy-60min-2020_05_18
2020/05/18(月)のドル円の60分足チャート

高値更新しましたが、まだだましの可能性があります。

しっかり上抜けて107.600をこえてきたら上昇トレンドの入口かもですね。

しかし、21の中期移動平均線が横ばいなのと、解離していること、
また、200の長期移動平均線とも解離しすぎているから、そんなに上昇の力はないと考えられます。

【戦略】

戦略としては、高値でショートエントリーして21の中期移動平均線のちょっと上あたりで利確するのがよさそうですね。

上がっていって一時的に含み損になっても、いずれ200の長期移動平均線まで下がってくると考えられます。

【まとめ】

日足レベルでみると上昇トレンドなのですが、日足の高値でショートエントリーすると、ようは高いところで売って、安くなったところで買い戻すことができるシンプルな考えかたなので、うまくトレードできるかなという感じですね。

こんな感じでゆる〜くチャートを分析して、戦略をたて、しっかりとして資金管理のもと利回り1%でもいいので、負けないように、コツコツ勝っていきましょう。

それではまた!

【FX】ドル円チャートの見方を解説!2020/05/14(木)

こんにちは。dogarse(@d0garse)です。

ドル円チャートの見方について解説していきます。

チャートから戦略を立てて、良いトレードをしていきましょう。

日経とダウの株価

【FX】ドル円チャートの見方を解説!2020/05/14(木)
2020/05/14(木)の株価

日経は-99。下目線ですね。

ダウは-375と大幅に下落しています。ドル円も下目線で考えてよいでしょう。

オアンダのオープンオーダーとオープンポジション

【FX】ドル円チャートの見方を解説!2020/05/14(木)
2020/05/14(木)のオアンダ

オープンポジションに特に目立った注文はないようです。

ポジションにも特にないですね。

オーダ

2020/05/14(木)のオーダー

107.800を超えるとストップロス買いがありますね。

上に抜けたら上昇に勢いがつきそうです。

通貨強弱

【FX】ドル円チャートの見方を解説!2020/05/14(木)
2020/05/14(木)の通貨強弱

日本円が強くなっています。

つまり、ドル円は下目線です。

ドル円の日足

【FX】ドル円チャートの見方を解説!2020/05/14(木)
2020/05/14(木)のドル円の日足

日足は上昇トレンドなのですが、今日の足は陰線になっていますね。

短期的に下げているようです。

ドル円の4時間足

2020/05/14(木)のドル円の4時間足

昨日が大きな上昇トレンドだったので、調整で21日移動平均線まで下がってきています。

ドル円の2時間足

2020/05/14(木)のドル円の2時間足

支持線まで下がってきていますね。

ドル円の60分足

2020/05/14(木)のドル円の60分足

2つ前の足で大きな下ヒゲをつけています。

ここから上がって行く可能性もありますね。

【まとめ】下落トレンドは調整。また上げてきそう。

大きな下落トレンドなのですが、全体的にみると大きな上昇トレンドになっています。

調整で下げてきていると考えられるので、底値をみつけロングでエントリーしていくのがよさそうですね。

【FX】ドル円チャートの見方を解説!2020/05/12(火)

【FX】ドル円のチャートの見方について丁寧に解説!2020/05/12(火)

こんにちは。dogarse(@d0garse)です。

2020/05/12(火)のドル円チャートの見方について解説していきます。

チャートから戦略を立てて、良いトレードをしていきましょう。

dogarse
dogarse

2020/05/12のドル円はダウントレンドだね。

日経とダウの株価

日経は-24

ほとんど動きなし。

ダウは-109と下げ目線です。

日経平均の日足

日足は緩やかなアップトレンドです。

上に勢いはないのでレンジになるでしょう。

もしくはなにかをきっかけにまた下がってくる可能性もあります。

ダウの日足

ダウの日足

ダウも日足とほとんど同じチャートの形していますね。

オアンダのオープンオーダーとオープンポジション

107.400に利確の指値注文が1%以上たまっていますね。

ここで反発する可能性が高いでしょう。

オープンポジション見ると、含み損を抱えたショーターが多いみたいですね。

ショーターがプラマイ0でポジション解消したいんですかね。

オーダ

107.000まで下がればストップロスで売りに勢いがつきそうですね。

上は108.30を越えるとストップロス買いですね。

けっこう幅があるので、また変わるでしょうね。

通貨強弱

ドルが弱いですね。

今日は円も弱いので、そんなに動かずってところですかね。

午前中は円、めちゃめちゃ強かったみたいですね。

それでドル円は下がっていったのがわかります。

ドル円の週足

週足は引き続きダウントレンドです。

ただ、今週は調整で陽線になっています。

ドル円の日足

日足は、2020/05/11(月)仲値不足もあり陽線となり、ダウントレンドの抵抗線をぶち上げています。

MACD も-0.5あたりでゴールデンクロスしていますね。

これからアップトレンドに突入するかもしれません。

ドル円の4時間足

2020/05/11(月)が見事にアップトレンドで、長期線の200日移動平均線にタッチするまであがってきています。

ここから反落して中期線の21日線移動平均線まで戻ってくるでしょう。

ドル円の2時間足

MACDがデッドクロスしていますね。

21日線までもどってきたので、これからレンジになるかもですね。

ドル円の60分足

夜中の3時にアップトレンドが天井つきました。

それからゆっくり21日移動平均線まで戻ってきています。

MACDは右肩下がりでダウントレンドなのが読み取れます。

ボリバンの-2σにタッチしたら反発する可能性が高いですね。

なぜかというと、+2σが広がっていないからです。

【まとめ】戦略は60分足チャートで-2σにタッチしたら反発狙いでロング。利確は21日移動平均線タッチ。

ここまでチャートを見たら、上記のような戦略を立てることができます。

これがあたるかどうかはわかりませんよ。

可能性が高いっていう話だけです。

資金管理しながら身の丈にあった取引をしていきましょう。

2020年FX投資計画【FX】

皆さん、こんにちは。

2020年はFXで月利50%で年利600%を目標にして、負けている状況から少なくとも勝っているトレーダーになれるよう日々トライアンドエラーしていきたいと思います。

そのためにがむしゃらに取り組むのではなく、年間の計画をたてて、目標に向けて達成できるかどうかを指針にしていきたいと思います。

まずは低い目標から徐々に達成していきましょう。

資金量7万円

資金量7万円からスタートします。

年の目標利回り 600%

1年間で7万円を600%増やして、49万円にします。

月の目標利回り 50%

月の利回りが50%ということは、資金が7万円なので、毎月3万5,000円殖えれば目標達成となります。

年間の目標利益 42万円

7万円に600%をかけると、42万円になります。

月の目標利益 3万5,000円

7万円に50%をかけると、3万5,000円になります。

週の目標利益 8,750円

毎月3万5,000円稼ぐために、1週間で8,750円となります。

35,000÷4=8,750円

ここでは1週間が4回くると1ヶ月になるとして計算しています。

日の目標利益 1,750円

毎週8,750円稼ぐためには、毎日1,750円となります。

FXは平日のみの取引なので月から金の5日間で計算しています。

週の目標利回り 12.5%

毎月の利回りが50%なので、それを4でわると、12.5%になります。

なので、毎週12.5%の利回りがあれば毎月50%の利回りになります。

日の目標利回り 2.5%

毎週の利回りが12.5%必要なので、5日間でわると2.5%となります。

レバレッジ1倍での計算

年当たりの目標ポイント 60,000pips

1%を100pipsとします。

そうすると、年間の目標利回りは600%×100pips=6万pipsとなります。

月当たりの目標ポイント 5,000pips

月当たりにすると、月50%×100pips=5,000pips

週当たりの目標ポイント 1,250pips

4でわって5,000÷4=1,250pips

日当たりの目標ポイント 250pips

5でわって1,250÷5=250pips

ここからレバレッジ25倍

年当たりの目標ポイント 2,400pips

レバレッジ1倍のpipsを25でわります。

6万÷25=2,400pips

月当たりの目標ポイント 200pips

5,000pips÷25=200pips

週当たりのポイント 50pips

ここからは月を4でわっていきます。

200pips÷4=50pips

日当たりのポイント 10pips

さらに5でわると、

50pips÷5=10pips

ここまで計算して1日あたり10pipsの利益をだしていければ月50%の利益を出すことができます。

1トレードでの利益 1,500円

現在7万円の資金があるのでドル円で15lotでエントリーができます。

15lotでエントリーして、10pipsとれば1,500円の利益になります。

1トレードでの損失 750円

逆に損切りを15lotで5pipsにしておくと、損失は750円となります。

勝率 50%

勝率が50%になる期間をワンタームとして集計していきます。

リスクリワード 2

利確10:損切り5

これでリスクリワードが2となります。

取引期待値 375円

期待値
=1,500円×0.5-750円×0.5
=750円-375円
=375円

1トレードでの利益pips 10pips

1トレードでの損失pips 5pips

利益-損失差 5pips

取引期待値 2.5pips

取引期待値
=10pips×0.5-5pips×0.5
=5pips-2.5pips
=2.5pips

取引期待値なので、2回の取引して勝ち1回負け1回のときの期待値になります。

使用レバレッジ 25倍

取引通貨ペア数 1通貨

日の取引回数 5回 

1回の取引期待値が375円です。

1日あたり1,750円の利益が必要なので、それに達成するためには5回の取引が必要です。

375円×5回=1,875円

週の取引回数 25回

1日5回の取引でそれを5倍すると、25回になります。

月の取引回数 100回

1週間で25回の取引なのでこれを4回すると100回になります。

月換算想定期待値 

1回の取引期待値が375円なので、これを100回繰り返すと

375円×100回=37,500円となります。

月換算利回り 54%

毎月37,500円の利益がでれば、

資金が7万円なので利回りは、37,500円÷7万円=54%

月円換算期待収益 3万7,500円

勝率が50%で毎月100回トレードすれば、期待値より毎月37,500円の利益をだすことができます。

ルールとしては勝率50%になるワンタームをまわすこと。

この計画をもとに2020年取引していきたいと思います。

移動平均線で勝率を50%以上にする方法

上昇トレンドの場合

移動平均線が右上向き

平均値がどんどん切り上がっている

足元にかけて上がり続けているということだから上昇トレンド

移動平均線よりも価格が下にある時にロングエントリー

下降トレンドの場合

移動平均線が右下向き

平均値がどんどん切り下がっている

足元にかけて下がり続けているということだから下降トレンド

移動平均線よりも価格が上にある時にショートエントリー

レンジの場合

移動平均線が横向き

平均値は横ばいとなる

移動平均線よりも

価格が下にあるときは買い、

価格が上にある時は売り。