2018/10/12Friのトレード分析

今日は昨日の負けを半分取り戻した。

よかった。

さ、しっかり記録を残していきましょう。

USD/JPY 16,000lot 112.193 ask 09:20 / 112.144 09:53 -¥784
EUR/USD 13,000lot 1.15988 ask 09:54 / 1.16088 11:41 ¥1,458
EUR/JPY 10,000lot 130.265 ask 12:10 / 130.365 12:34 ¥1,000
EUR/JPY 3,000lot 130,264 ask 12:10 / 130.392 14:04 ¥384
EUR/USD 14,000lot 1.16070 bid 14:10 / 1.15982 14:41 ¥1,384
EUR/USD 1,000lot 1.15833 bid 19:34 / 1.15525 22:17 ¥346
EUR/USD 13,000lot 1.15696 bid 21:41 / 1.15596 21:47 ¥1,460
7戦 6勝1敗 勝率86% 損益-¥5,338 残高¥79,169 累計-¥65,831

2018/10/11Thuのトレード分析

この日は最悪でした。

これまでのトレードの中で最大の損失を出した日でした。

そんな日も反省して次に活かしていきましょう。

午前中まではプラスだったんですが、20時から21時の逆バリ狙った取引をしたけど、5回連続で負けた。

取り返そうと躍起になってたら21時半からの経済指標でどんどんやられた。

ちくしょー。

USD/JPY 15,000lot 112.093 bid 08:47 / 112.183 09:26 -¥1,350
USD/JPY 15,000lot 112.244 ask 09:36 / 112.282 09:48 ¥570
USD/JPY 15,000lot 112.288 bid 09:54 / 112.238 10:01 ¥750
USD/JPY 1,000lot 112.232 bid 10:02 / 112.073 11:00 ¥159
EUR/USD 15,000lot 1.15483 bid 15:12 / 1.15482 15:26 ¥16
EUR/USD 1,000lot 1.15471 bid 15:28 / 1.15517 15:46 -¥52
EUR/JPY 1,000lot 129.599 bid 15:28 / 129.664 15:43 -¥65
GBP/JPY 1,000lot 148.295 ask 15:28 / 148.201 15:57 -¥94
EUR/USD 15,000lot 1.15721 bid 19:37 / 1.15811 20:24 -¥1,516
EUR/JPY 1,000lot 129.865 bid 21:14 / 129.955 20:23 -¥90
EUR/JPY 15,000lot 129.872 bid 20:41 / 129.962 20:48 -¥1,350
EUR/JPY 15,000lot 129.939 bid 20:48 / 129.959 20:49 -¥300
EUR/USD 15,000lot 1.15761 bid 20:49 / 1.15754 20:58 ¥117
USD/JPY 18,000lot 112.308 ask 20:58 / 112.283 21:01 -¥450
EUR/JPY 15,000lot 130.009 ask 21:01 / 130.003 21:20 -¥90
EUR/USD 1,000lot 1.15719 bid 21:24 / 1.15923 21:30 -¥229
EUR/JPY 1,000lot 129.901 ask 21:25 / 130.112 21:35 ¥211
EUR/JPY 14,000lot 130.202 ask 21:34 / 130.045 21:42 -¥2,198
EUR/JPY 15,000lot 129.999 ask 21:54 / 129.908 22:15 -¥1,365
EUR/JPY 14,000lot 129.855 bid 22:20 / 129.954 22:24 -¥1,386
EUR/JPY 13,000lot 129.977 ask 22:25 / 129.926 22:27 -¥663
USD/JPY 16,000lot 112.387 ask 22:27 / 112.356 22:27 -¥496
USD/JPY 13,000lot 112.329 bid 22:29/ 112.419 22:49 -¥1,170
USD/JPY 3,000lot 112.329 bid 22:30 / 112.409 22:31 -¥321
24戦6勝18敗 勝率25% 損益-¥11,362

2018/10/10Wedのトレード分析

本日はゴトー日。

9時55分に仲値を狙って、9時から9時55分までドル円ロングする取引と、9時54分から10時半までの間で仲値のショートを仕掛けて、利益を狙う。

うまくいって、1,000円利益でたかな。

そのあと、ユーロ円の抵抗線ブレイクでエントリーして利食い。

あとはいま、スワップ3倍デーで1000通貨だけでお試しで取引中。

USD/JPY 15,000lot 113.001 ask 08:58 / 113.030 09:50 ¥435
GBP/JPY 1,000lot 148.695 ask 08:59 / 148.598 09:07 -¥97
EUR/JPY 2,000lot 130.007 ask 09:20 / 129.902 09:30 -¥210
USD/JPY 2,000lot 112.956 ask 09:31 / 113.006 09:37 ¥100
USD/JPY 2,000lot 113.015 ask 09:37 / 113.022 09:51 ¥14
USD/JPY 17,000lot 113.032 bid 09:54 / 112.982 10:06 ¥850
GBP/JPY 1,000lot 148.839 bid 14:36 / 148.815 15:09 ¥24
EUR/JPY 2,000lot 128.891 bid 16:38 / 129.981 16:52 -¥180
USD/JPY 1,000lot 113.188 ask 17:51 / 113.223 19:36 ¥35
EUR/JPY 15,000lot 130.142 ask 19:39 / 130.112 19:43 -¥450
EUR/JPY 15,000lot 130.130 ask 19:43 / 130.230 19:54 ¥1,500
EUR/JPY 1,000lot 130.258 ask 19:56 / 130.259 20:33 ¥1
USD/JPY 1,000lot 113.206 bid 19:57 / 113.186 20:59 ¥20
USD/JPY 1,000lot 112.682 ask 02:10 / 112.747 02:59 ¥65
USD/JPY 15,000lot 112.8222 ask 02:47 / 112.744 02:54 -¥720
USD/JPY 15,000lot 112.756 bid 02:58 / 112.656 03:11 ¥1,500
USD/JPY 1,000lot 112.611 ask 03:15 / 112.546 03:44 -¥65
17戦11勝6敗 勝率64% 損益2,822円 残高¥85,283

16時から20時までの順バリ時間で、19時に仕事終わってチャートを見ると順調に第1ステージで上昇トレンド。高値更新してきたから、ロングでエントリー。

見事的中して気持ちのいいトレードでした。

2018/10/09Tueのトレード分析

ここ二日は調子がいいよ。

やっぱりしっかりルールを守ってトレードすることが大事やね。

勝てるようになってきた。

これを続ければいいんやね。

GBP/JPY 1,000lot 148.046 bid 08:16 / 148.138 08:47 -¥92
GBP/JPY 1,000lot 148.133 ask 08:48 / 148.028 09:02 -¥105 
EUR/USD 15,000lot 1.14857 bid 10:56 / 1.14947 13:19 -¥1,527
EUR/USD 15,000lot 1.14859 bid 15:15 / 1.14759 15:29 ¥1,697
EUR/USD 15,000lot 1.14623 bid 18:28 / 1.14558 18:55 ¥1,103
GBP/JPY 1,000lot 147.485 bid 19:00 / 147.463 19:06 ¥22
EUR/USD 15,000lot 1.14460 bid 19:16 / 1.14425 19:26 ¥593
GBP/JPY 1,000lot 148.004 ask 21:51 / 148.002 22:03 -¥2
EUR/USD 15,000lot 1.14861 ask 23:41 / 1.14771 23:52 -¥1,528 
EUR/USD 15,000lot 1.14723 bid 23:58 / 1.14696 00:05 ¥458
10戦5勝5敗 勝率50% 損益+¥619

いいでしょう。

勝率5割で勝てるんやね。

知らんやったわ。

いままで勝率低すぎでしょ。笑

今日はEUR/USDをメインで狙いました。

GBP/JPYは昨日150pipsも動いたから、今日も動くかなーと思って1,000通貨で試してみたけど、全然動かんやった。笑

安値、支持線をブレイクを狙えて予想通りに利益だせてよかった。

最後の最後に失敗したー。なんか急に反発してたからロングのポジションとってしまったー。損失無駄にだしてしまった。

全然ルールに則ってない。こうゆうことをしちゃだめなんよなー。

移動平均線大循環分析

資産を増やしたい。

その一心でトレードをしています。

エッジがあるところでトレードを行うと勝率を高められる。

明らかに買いが有利、明らかに売りが有利

相場というのは、価格が上がるか下がるかの5分5分。

抵抗線はいったん破られると、支持線に変わる。

支持線がいったん破られると、抵抗線に変わる。

移動平均線大循環分析は大相場を確実にとることができる。

・買いにエッジがある状態
①移動平均線の並び順が上から短期・中期・長期
②3本の移動平均線が右肩上がり

・売りにエッジがある状態
①移動平均線の並び順が下から短期・中期・長期
②3本の移動平均線が右肩下がり

当然、買いにエッジがあるときに買いで仕掛け、売りにエッジがある場合は売りで仕掛ける。

そして、大切なことがその他のときには何もしないのが基本です。

非常にシンプルだが、これがトレードにおける勝利の方程式です。

これをパーフェクトオーダーと呼んでいます。

チャート分析は移動平均線に始まり、移動平均線に終わる。

移動平均線を制する者がチャート分析を制する。

基本中の基本

ドレードで勝つには、先行きを予測するのではなく、現在がどういう相場状況にあるのかを把握し、エッジのある方向にポジションを持つことが最も大切です。

分足、時間足を使った短期のトレードでも同じように使えるというのもこの手法のメリットです。

6つのステージがある。

第1ステージ 短期、中期、長期 安定上昇
第2ステージ 中期、短期、長期 上昇トレンドの終わり
第3ステージ 中期、長期、短期 下降トレンドの始まり
第4ステージ 長期、中期、短期 安定下降
第5ステージ 長期、短期、中期 下降トレンドの終わり
第6ステージ 短期、長期、中期 上昇トレンドの始まり

第1ステージ、第4ステージは基本的に長続きする。

基本的にこの安定上昇と安定下降に仕掛けるだけで十分。

相場の現状を把握することが大切です。

相場の現状を把握するということは、買い手と売り手の力関係が今後、どのように変化するのか、どちらが優位なのかを見極めるということです。

早仕掛けとは、第1ステージあるいは第4ステージの段階でポジションを持つときと同じ量のポジションを、少し早めのタイミングで持つこと。

試し玉とは、取引する予定の量の3分の1のロットで仕掛けること。

第1ステージでの対応法
並び順、間隔、傾きに注目する。
「並び順」で現在の状況を把握し、
「間隔」で次のステージへの移行を読み取り、
「傾き」でステージ移行のだましを読み取る。
3次元分析に基づきながら、各ステージでの判断の仕方と戦術について解説していく。
3本の線が右肩上がりであれば、買いにエッジがある状態です。
したがって、第1ステージで、3本の移動平均線がすべて上向きになったことを確認したら買いエントリーします。
3本の移動平均線がすべて上向きになっていないと、第1ステージといっても短期のうちに終了し、、もみ合い相場に入る可能性があるから注意が必要。
3本の移動平均線の間隔が広がりつつある状態の場合は、さらに強気で攻めてもいいでしょう。
なお、第1ステージがある程度続いた後の展開は第2ステージの移行しか考えられません。
もし、第6ステージに戻るなら初期の段階です。

第2ステージ

相場が下降トレンドへと転換するときは、動きの早い短期線が真っ先に下降に転じ、中期線を上から下にクロスすることによって、移動平均線は上から中期、短期、長期の順になる。
ただ、一時的な押し目形成の場合もある。その場合は第1ステージに戻る。
したがって、第2ステージは第1ステージでエントリーした買い建玉を手仕舞うタイミングですが、クロスしても、中期線と長期線の2本がともに安定上昇を崩していない場合は、建て玉を継続します。
すなわち、中期線と長期線で形成される帯が右肩上がりで広い間隔を維持している限りは、短期線が少し下降してきてもトレンドは強いと判断します。
一方、原則的には下降トレンド入りの最初の予兆ですから、売りの試し玉を検討して備える。
また、第1ステージの上昇が短期に終わってしまった場合は、もみ合い期入りの可能性があります。それを見極めるまでは売りエントリーは見送ります。
短期線が下げ続けていること、中期線の上昇が終わり、ほぼ平行になっていることが売り仕掛けの条件です。
第2ステージでは、短期線の上に中期線、下に長期線となっていますが、次に短期線がどちらとクロスするかがポイントになります。
通常であれば、短期線が長期線とクロスして第3ステージへ移行しますが、短期線が上を向いて中期線とクロスすると第1ステージへ戻ります。上昇相場の押し目のときによく見られる展開です。
これを予測するためのヒントは、長期線の傾きです。
長期線の上昇に変化が見られない場合は長期線とクロスしないか、クロスしてもすぐにだましとなる可能性が高い。

第3ステージ
第2ステージからのさらに下降が続くと、短期線は長期線も下に抜いて、移動平均線は上から中期・長期・短期の順になります。まさに下降相場の入り口です。
ここでは、第1ステージでエントリーした買い建て玉だある場合は、すべて手仕舞いします。
また、売りの早仕掛けを検討します。早仕掛けはだましにあいやすいが、成功すればそれだけ利益につながる。
早仕掛けする条件
・第1ステージがある程度長かったこと。
・順行で第1ステージ、第2ステージ、第3ステージと順に推移してきたこと
・短期線と中期線が右肩下がりで、長期線も平行状態に近づいていること。
ちなみに、これらの条件をクリアして新規売りを行った後でも、短期線が上昇して他の線とクロスしたら、すぐ手仕舞いすることを忘れないでください。
第3ステージの後は、中期線が長期線に接近してクロスし、第4ステージの安定下降期に入るのが基本です。
しかし、短期線がいち早く上昇し始めると、長期線と再度クロスし、第2ステージに戻ることがあります。その場合はもみ合い期に入る可能性があります。
第3ステージの後の動きを見極めるときのポイントも、長期線の動きが大事です。
第4ステージの安定下降期に移るためには、長期線の上昇が終了しなければなりません。

第4ステージ
価格が下降を続ける限り、動きの早い短期線が下降し、しばらくしてから中期線がそれに続き、最後に最も動きが鈍い長期線が下降を始めます。その結果、移動平均線は上から長期、中期、短期という並び方になります。
このステージでは3本の線が右肩下がりであれば、売りにエッジがある状態です。
したがって、第4ステージで、3本の移動平均線がすべて下向きになったことを確認したら売りエントリーします。
3本の移動平均線がすべて下向きになっていないと、第4ステージといっても短期のうちに終了し、もみ合い相場になる可能性があるから注意。
とくに、3本線の移動平均線の間隔が広がりつつある状態の場合は、さらに強気で攻めてもいいでしょう。
第4ステージがある程度続いた後の展開は第5ステージへの移行しか考えられません。
なお、第1ステージと第4ステージは逆の関係と言えますが、たとえばドル円は、第1ステージがゆっくり進むのに対し、第4ステージはスピードが早い、といった特徴が経験的に見られる。また株式市場においても、一般的に上昇トレンドよりも下落トレンドのほうがスピードが早い傾向がある。

第5ステージ
相場が上昇トレンドへと転換するときは、動きの早い短期線が真っ先に上昇に転じ、中期線を下から上にクロスすることによって、移動平均線は上から長期、短期、中期の順になります。ただ、第2ステージと逆のケースですから、一時的な戻りということも考えられる。その場合は第4ステージに戻る。
したがって、第5ステージは第4ステージでエントリーした売り建玉を手仕舞うタイミングですが、クロスしても、中期線と長期線の2本がともに安定下降を崩していない場合は、建玉を継続する。
すなわち、中期線と長期線で継続される帯が右肩下がりで広い間隔を維持している限りは、短期線が少々上昇してきてもトレンドは強いと判断します。
一方、原則的には上昇トレンド入りの最初の予兆ですから、買いの試し玉を検討して備えます。
また、第4ステージの下降が短期に終わってしまった場合は、もみ合い期入りの可能性があります。それを見極めるまでは買いエントリーは見送ります。短期線が上げ続けていること、中期線の下降が終わり、ほぼ平行になっていることが仕掛けの条件です。
第5ステージでは短期線の下に中期線、上に長期線となっていますが、次に短期線がどちらとクロスするかがポイントとなります。通常であれば短期線が長期線をクロスして第6ステージへ移行しますが、短期線がしたを向いて中期線とクロスすると第4ステージへ戻ります。
これを予測するためのヒントは、長期線の傾きです。長期線の下降に変化がみられない場合は長期線とクロスしないか、クロスしてもすぐにだましとなる可能性が高いといえます。

第6ステージ
第5スター時の上昇からさらに上昇傾向が続いてくると、短期線は長期線も上に抜いて、移動平均線は上から短期、長期、中期の順になります。まさに上昇相場の入り口です。
ここでは、第4ステージでエントリーした売り建玉がある場合はすべて手仕舞います。
また、買いの早仕掛けを検討します。
早仕掛けの条件
・第4ステージがある程度長かったこと
・順行でん第4ステージ、第5ステージ、第6ステージと順に推移してきたこと
・短期線と中期線が右肩上がりで、長期線も平行状態に近づいていること。
ちなみに、これらの条件をクリアして新規買いを行った後でも、短期線が下降して他の線とクロスしたらすぐに手仕舞います。
第6ステージの後は、中期線が長期線に接近してクロスして、第1ステージの安定上昇に入るのが基本です。
しかし、短期線がいち早く下降し始めると、長期線と再度クロスし、第5ステージに戻ることがあります。その場合はもみ合い期に入る可能性が高まります。
第6ステージの後の動きを見極めるときのポイントも、長期線の動きが大事です。第1ステージの安定上昇期に移るためには長期線の下降が終了しなければなりません。

押し目買いと戻り売りはどこでする?
・第1ステージで推移していた相場が第2ステージあるいは第3ステージまで変化したあとに、再度第1ステージに戻って上昇を続けるケース。
・上昇の変形として、第1ステージのまま価格だけが中期線あるいは長期線を下回ったものの、その後、元に戻って上昇を続けるケース。
ポイントは、短期線あるいは価格が下がっても、中期線や長期線が上昇を続けていることが確認できれば、それが押し目です。
間隔を広げながら3本線が上昇をはじめたときが押し目買いを仕掛けるタイミングです。

もみ合い放れを見極めるには?
相場がもみ合いとなると3本の移動平均線は横ばいとなり、互いに接近します。とくに中期線と長期線が近接するのがもみ合い期を見極めるポイントです。
そして、そのもみ合い放れが起こる可能性があるのは第1ステージか第4ステージにはいるケースのみです。

移動平均線大循環分析において、最も大切なのは第1ステージと第4ステージです。
トレードによる利益の大半を生み出す場面だから。
3つの線はほぼ平行になる。

2018/10/08Monのトレード分析

今日は休場だから裁量はしないほうがいいんだけど、ポチッとしちゃうよねー。

朝から3回もポチッとしちゃ間違えたと思って決済して損切りしたわー。

USD/JPY 113.828 bid 09:35 / 113.855 09:36 -¥459
USD/JPY 113.842 bid 09:36 / 113.852 09:37 -¥170
USD/JPY 113.852 ask 09:38 / 113.811 09:50 -¥697
USD/JPY 113.818 bid 09:51 / 113.879 12:08 -¥976
USD/JPY 113.879 ask 10:08 / 113.907 10:27 ¥448
USD/JPY 113.889 bid 10:42 / 113.847 11:00 ¥672
USD/JPY 113.835 bid 11:31 / 113.865 12:08 -¥480
USD/JPY 113.824 bid 14:19 / 113.744 17:02 ¥1,280
EUR/USD 1.14893 bid 17:05 / 1.14864 17:28 ¥461
USD/JPY 113.618 bid 17:28 / 113.518 17:34 ¥1,600
USD/JPY 113.353 bid 17:39 / 113.399 13:40 -¥782
USD/JPY 113.250 bid 17:56 / 113.292 17:59 -¥714
USD/JPY 113.319 ask 18:02 / 113.323 18:27 ¥68
EUR/USD 1.14748 bid 19:00 / 1.14708 19:36 ¥680
EUR/USD 1.14708 ask 20:01 / 1.14795 20:32 ¥1,479
15戦8勝3敗 勝率53% 損益2410円

今日はいいトレードができた。

まだまだ無駄なエントリーを省けば利益があがる。

チャートの分析をしっかり行っていこう。

抵抗線として113.844が働いている。

普通にブレイクしたら、エントリーだけでよかったわ。

反省やわー。

次は113.943が抵抗線となっている。

ただここからわ、114.000で厚い壁があると思われる。

2018/10/08からの戦略

まずはしっかりとマイルールを決める。

・順バリ時間でトレードをする。
 夏時間:9時から14時、16時から20時
 冬時間:9時から14時、17時から21時
・エントリー基準
 抵抗線を明確に上抜けたところ。
 支持線を明確に下抜けたところ。
・オアンダで逆指値と指値の需給分析をする。
・利食い10pips、損切り9pips。
 1回の負けを10pipsまでに抑える。
・新規注文が約定し、決済注文の10pips離した利益確定や損切りが約定していなかったら、順バリの場合はエントリーしてから15分以内に決済する。
・9割が米ドル/円、1割はユーロ/円かユーロ/ドル。

戦略

・東京市場の高値・安値を抜けると、生じるトレンドを狙う。
・月曜日の朝6時の窓埋め方向にエントリー。
・ゴトー日の仲値買いと仲値売り。
・スワップ3倍デー。
・パーフェクトオーダー。

トーレドフローチャート

・株価、日足、60分足で長期のトレンドを3通貨(USD/JPY,EUR/USD,EUR/JPY)で確認する。
・時間帯をチェック。
・順バリの場合
 オアンダで現在レート付近の大きな逆指値を探す。ダウ理論も参考にする。
 逆指値注文をIFOでする。
 エントリーから15分以内に決済する。
・逆バリの場合
 オアンダで現在レート付近の大きな指値を探す。
 5分足MACDのクロスを待つ。
 クロスしたら成り行き注文。
 決済のOCO注文をする。
 未約定なら次の市場までに決済する。

ドル円の相場

日経が
-191
ダウが
-180
で終了。

10/05の東京市場の高値と安値
114.099
113.844

現在レート
113.715

つまり、113.844を支持線としてブレイクして下落している。抵抗線へと変わっている。

60分足でみると
113.629
113.555
が支持線として機能しているぽい。

そして22時から第4ステージでパーフェクトオーダー形成。

オアンダで113.629に逆指値が0.5%ほどたまっている。

よって下がっていくと予想。

戦略のシナリオとしては、月曜6時になると、下放れして窓を開けるから、まずはロングポジションで6時にエントリー。30分から1時間半で決済。9時までには必ず決済。
そのあとは、113.629に逆指値注文。

ここで2取引の予定。


2019/09/22〜2018/10/06のトレード記録

トレード記録を書いていく。

くそー。損しかせんやん。

なにがいけないかしっかり分析していこう。

とりあえずトレードの記録まとめ

約定履歴だけみると304件ある。笑

適当にエントリーしすぎなんよなー。そら勝てんべ。

138戦48勝90敗

勝率35%

ひっく。笑

9/24 Monday
USD/JPY 112.587 ask 09:46  112.507 15:33 -¥1600
USD/JPY 112.507 ask 15:48  112.607 16:17 ¥2000
USD/JPY 112.612 ask 17:27 112.531 22:32 -¥1620
USD/JPY 112.517 bid 22:33 112.597 22:57 -¥1600
USD/JPY 112.589 ask 22:58 112.501 23:38 -¥1760
USD/JPY 112.495 bid 23:42 112.575 00:14 -¥1520
USD/JPY 112.557 bid 00:16 112.637 00:25 -¥1520
USD/JPY 112.614 ask 00:26 112.714 02:30 ¥1900
8戦2勝6敗 勝率25% 損益-¥5,720  

9/25 Tuesday
USD/JPY 112.804 ask 07:10 112.904 09:51 ¥1900
USD/JPY 112.845 ask 11:01 112.945 15:49 ¥2000
USD/JPY 112.922 bid 15:54 112.913 15:58 ¥180
EUR/JPY 132.863 bid 17:05 132.763 17:09 ¥1700
USD/JPY 112.838 bid 18:09 112.918 23:47 -¥1600
USD/JPY 112.908 bid 23:48 112.989 03:38 -¥1620
6戦4勝2敗 勝率66% 損益+¥2,560

9/26 Wednesday
USD/JPY 112.940 bid 06:13 113.021 09:02 -¥1539
USD/JPY 112.952 ask 13:14 112.872 15:05 -¥1600
USD/JPY 112.967 ask 18:12 112.876 18:14 ¥180
USD/JPY 112.877 bid 18:14 112.957 19:49 -¥1600
USD/JPY 112.958 bid 19:50 113.038 22:30 -¥1600
USD/JPY 113.023 ask 22:38 113.021 22:38 -¥40
USD/JPY 113.021 bid 22:38 112.921 01:04 ¥2000
7戦2勝5敗 勝率28% 損益-¥4,199 

9/27 Thursday
USD/JPY 112.687 bid 06:47 112.768 08:04 -¥1620
USD/JPY 112.847 ask 11:19 112.767 12:16 -¥1600
USD/JPY 112.769 ask 12:17 112.757 12:29 -¥228
USD/JPY 112.757 bid 12:29 112.748 14:12 ¥171
USD/JPY 112.746 ask 14:12 112.714 14:15 -¥608
EUR/USD 1.17131 ask 14:16 1.17068 14:19 -¥1208
EUR/USD 1.17110 ask 14:19 1.17098 14:31 -¥217
USD/JPY 112.665 ask 15:09 112.625 16:16 -¥760
USD/JPY 112.739 ask 18:25 112.789 18:32 ¥950
USD/JPY 112.757 bid 19:06 112.797 19:22 -¥760
USD/JPY 112.786 bid 19:28 112.826 20:34 -¥760
USD/JPY 112.823 bid 20:35 112.873 21:10 ¥950
USD/JPY 112.857 bid 21:11 112.897 21:15 -¥760
USD/JPY 112.926 ask 21:25 112.976 21:39 ¥950
USD/JPY 112.982 ask 21:44 112.942 21:46 -¥760
USD/JPY 112.947 ask 21:46 112.997 21:58 ¥950
USD/JPY 113.008 ask 21:59 113.028 22:33 ¥380
USD/JPY 113.053 ask 22:43 113.009 22:52 -¥836
USD/JPY 113.007 bid 22:52 113.092 22:59 -¥1615
USD/JPY 113.087 ask 23:03 113.365 02:42 ¥5004
 20戦7勝13敗 勝率35% 損益-¥2,377

09/28 Friday
USD/JPY 113.384 sell 07:50 113.412 8:15 -¥504
USD/JPY 113.414 ask 08:15 113.367 08:27 -¥846
USD/JPY 113.397 ask 08:31 113.380 08:54 -¥306
USD/JPY 113.380 sell 08:54 113.420 09:42 -¥720
USD/JPY 113.431 ask 09:42 113.581 10:20 ¥2700
USD/JPY 113.587 ask 10:21 113.546 10:31 -¥738
USD/JPY 113.559 ask 10:38 113.514 10:44 -¥810 
USD/JPY 113.550 ask 10:46 113.575 11:47 ¥450
USD/JPY 113.514 bid 12:54 113.464 13:18 ¥900
USD/JPY 113.471 bid 13:19 113.517 13:27 -¥878
USD/JPY 113.527 ask 13:28 113.577 14:12 ¥900
USD/JPY 113.445 bid 16:15 113.437 16:56 ¥144
USD/JPY 113.421 ask 17:01 113.418 17:01 -¥54
USD/JPY 113.419 bid 17:01 113.369 17:03 ¥900
USD/JPY 113.359 bid 17:07 113.407 17:14 -¥864
USD/JPY 113.415 bid 17:14 113.455 17:32 -¥800
USD/JPY 113.459 ask 17:39 113.509 18:00 ¥1000
USD/JPY 113.512 ask 18:09 113.482 18:27 -¥600
USD/JPY 113.489 ask 18:32 113.449 18:51 -¥800
USD/JPY 113.411 ask 18:54 113.371 19:06 -¥800
USD/JPY 113.392 bid 19:06 113.364 19:23 ¥560
USD/JPY 113.377 bid 19:28 113.417 19:47 -¥800
USD/JPY 113.377 ask 20:47 113.377 21:18 -¥800
USD/JPY 113.336 bid 21:24 113.378 21:31 -¥840
USD/JPY 113.390 bid 21:32 113.386 21:38 ¥80
USD/JPY 113.381 bid 22:02 113.421 22:05 -¥800
USD/JPY 113.431 ask 22:34 113.595 23:42 ¥3,280
27戦10勝17敗 勝率37% 損益-¥1,046

10/01 Monday
USD/JPY 113.806 ask 08:21 113.802 08:45 -¥80
USD/JPY 114.043 ask 16:58 114.008 17:06 -¥700
USD/JPY 113.026 ask 17:11 113.989 17:32 -¥740
USD/JPY 113.946 bid 18:19 113.930 18:40 ¥320
USD/JPY 113.928 ask 18:40 113.990 19:33 ¥1,240
USD/JPY 113.988 ask 19:46 113.947 20:11 -¥820
USD/JPY 113.983 ask 20:34 113.943 20:41 -¥800
USD/JPY 113.965 ask 21:02 113.935 21:22 -¥600
USD/JPY 113.912 bid 21:26 113.952 22:16 -¥800
USD/JPY 113.953 ask 22:17 113.904 22:48 -¥980
USD/JPY 113.887 bid 23:02 113.938 23:05 -¥1,020
USD/JPY 113.949 ask 23:06 113.999 23:12 ¥1,000
USD/JPY 114.000 ask 23:15 113.978 23:49 -¥440
USD/JPY 113.966 ask 00:59 113.953 03:02 -¥260
14戦3勝11敗 勝率21% 損益-¥4,680

10/02 Tuesday
USD/JPY 113.954 bid 08:51 113.995 09:01 -¥820
USD/JPY 113.959 bid 09:10 114.001 09:54 -¥840
USD/JPY 113.959 ask 09:55 113.919 10:05 -¥800
USD/JPY 113.870 bid 10:15 113.910 10:39 -¥800
USD/JPY 113.896 bid 10:40 113.910 10:50 -¥280
USD/JPY 113.908 bid 10:50 113.951 11:13 -¥860
USD/JPY 113.951 ask 11:18 113.940 12:40 -¥209
EUR/USD 1.15718 bid 12:40 1.15419 15:36 ¥5783
EUR/USD 1.15453 ask 15:39 1.15413 15:41 -¥744
EUR/USD 1.15412 bid 15:42 1.15461 15:44 -¥949
EUR/USD 1.15462 ask 15:44 1.15404 15:52 -¥1,123
EUR/USD 1.15417 ask 15:53 1.15388 15:58 -¥774
EUR/USD 1.15344 bid 16:07 1.15356 16:17 -¥223
EUR/USD 1.15360 bid 16:18 1.15334 16:35 ¥502
EUR/USD 1.15325 bid 16:36 1.15394 16:47 -¥1,335
EUR/USD 1.15390 bid 17:02 1.15405 17:12 -¥291
EUR/USD 1.15365 ask 17:15 1.15314 17:24 -¥987
EUR/USD 1.15319 bid 17:24 1.15136 18:21 ¥3535
USD/JPY 113.724 bid 22:54 113.729 23:51 -¥95
EUR/USD 113.644 bid 00:00 113.612 00:42 ¥544
20戦4勝16敗 勝率20% 損益-¥766

10/03 Wednesday
USD/JPY 113.641 bid 08:17 113.571 09:02 ¥1190
USD/JPY 113.673 bid 13:01 113.691 13:08 -¥306
EUR/USD 1.15765 ask 13:08 1.15811 14:31 ¥889
EUR/USD 1.15810 ask 15:22 1.15830 15:57 ¥386
EUR/USD 1.15608 bid 18:20 1.15627 18:24 -¥368
USD/JPY 113.796 bid 18:27 113.798 18:32 -¥40
EUR/USD 1.15661 ask 18:32 1.15611 19:16 -¥968
EUR/USD 1.15442 ask 21:16 1.15459 21:14 ¥328
EUR/USD 1.15337 ask 22:09 1.15316 22:20 -¥407
EUR/USD 1.15353 ask 22:55 1.15309 23:00 -¥853
EUR/USD 1.15338 ask 23:05 1.15383 23:16 ¥872
EUR/USD 1.15388 ask 23:17 1.15336 23:29 -¥1,009
12戦5勝7敗 勝率42% 損益-¥286

10/04 Thursday
USD/JPY 114.478 ask 08:09 114.506 08:51 ¥532
USD/JPY 114:379 bid 09:39 114.403 09:49 -¥456
USD/JPY 114.402 ask 09:49 114.375 09:55 -¥459
EUR/USD 1.14753 bid 09:56 1.14737 10:43 ¥292
EUR/USD 1.14678 bid 11:49 1.14718 14:10 -¥733
USD/JPY 114.392 bid 14:20 114.401 14:20 -¥171
EUR/JPY 131.256 bid 14:20 141.416 14:25 -¥960
EUR/USD 1.14741 ask 14:26 1.14717 14:30 -¥440
USD/JPY 114.412 ask 14:30 114.183 20:53 -¥4,351
USD/JPY 114.193 ask 21:00 114.095 21:26 -¥1,568
USD/JPY 113.101 bid 21:41 114.099 21:55 ¥32
USD/JPY 114.102 ask 21:55 113.946 23:10 -¥2496
USD/JPY 113.894 bid 23:12 113.860 23:18 ¥544
USD/JPY 113.722 bid 23:24 113.718 23:26 ¥64
USD/JPY 113.725 bid 23:27 113.691 23:55 ¥544
USD/JPY 113.699 bid 23:56 113.703 23:56 -¥64
USD/JPY 113.699 bid 23:57 113.857 00:30 -¥2,844
USD/JPY 113.814 ask 00:40 113.895 07:41 ¥1,296
20戦9勝11敗 勝率45% 損益-¥10,630

10/05 Friday
USD/JPY 113.904 ask 07:57 113.898 11:12 -¥102
USD/JPY 113.914 ask 13:11 113.919 13:12 ¥80
USD/JPY 113.922 ask 13:12 113.935 13:34 ¥221
EUR/USD 1.15057 bid 13:34 1.15108 13:54 -¥872
USD/JPY 113.941 ask 13:56 113:873 18:38 -¥1,224
USD/JPY 113.871 bid 18:38 113.898 19:10 -¥405
USD/JPY 113.899 ask 19:10 113.881 20:38 -¥306
USD/JPY 113.881 bid 20:38 113.860 21:28 ¥357
USD/JPY 113.912 ask 21:32 114.012 21:33 ¥1,700
USD/JPY 113.999 ask 21:35 114.012 21:38 ¥221
USD/JPY 114.031 ask 21:39 113.036 21:40 ¥85
USD/JPY 114.037 ask 21:41 113.947 21:46 -¥1,530
USD/JPY 113.919 bid 21:46 113.886 21:47 ¥561
USD/JPY 113.906 ask 21:49 113.815 21:53 -¥1,547
USD/JPY 113.851 ask 21:55 113.793 21:58 -¥986
USD/JPY 113.784 bid 21:58 113.834 22:04 -¥850
USD/JPY 113.794 bid 22:05 113.884 22:37 -1,530
USD/JPY 113.774 bid 22:55 113.674 23:04 ¥1,600
USD/JPY 113.738 bid 23:50 113.638 00:34 ¥1,700
USD/JPY 113.619 bid 01:13 113.709 02:42 -¥1,530
20戦9勝11敗 勝率45% 損益-¥4,357

合計 154戦55勝99敗 勝率36% 損益-¥31,501

あー改善していこう。


 



10倍株・100倍株の探し方

ポイントは4つ

1.増収率が高い=4年で売上高2倍 年20%以上の増収をしているか。

2.売上高営業利益立が10%以上

3.オーナー企業

4.上場5年以内

1.10倍株探しで、一番重視しているのは急成長。増収率が20%以上。

売上高なくして利益は存在しない。

増収率=今期売上予想 / 前期売上高 × 100

2.営業利益率で稼ぐ力がわかる。

営業利益率=営業利益 / 売上高 × 100

3.オーナー経営者で筆頭株主

個人のオーナー=トップマネジメントがベスト

社長もしくは会長の名前が株主欄の上位株主にあるかどうか。

2019年9月22日までに利益100万

K君と約束しました。

来年の2019年9月22日秋分の日までに利益100万円だして、高級焼肉を食べに行こう。

よし。

負けねえ。

これから徹底的に勉強、研究し勝てるようになるまで辛抱強く戦略を練りながらトレードしていきたいと思います。

備忘録として定期的に戦略、エントリー、決済した根拠、Myルールの徹底をしていきたいと思います。

さあ、約10万円の資金を手にdogarseの航海が新たに始まりました。

乞うご期待を!

僕はたばてぃんの「東大院生が考えたスマートフォンFX」という本を読み、FXの世界に飛び込みました。

情報まとめて勝てるようになることを第一優先にしましょう!

FXはルールを知らないと必ず負けます。

月50%の運用をして9ヶ月で50万から1000万まで達成している。

俺にもできる!俺にもできる!俺にもできる!

と暗示をかけていこうと思う。

俺の場合は元手15万円。
(正確には14万5千円。現在2018/10/05段階で残高8万1892円。
6万3108円の損失。。。
やばめ。。。)

授業料。授業料。。授業料。。。

と言い訳してる。

10月5日の段階で8万で、50%増えると12万円を10月22日までに目指す。

となると、残り10営業日。4万/10=4000円/日。

1日で4000円の利益をコンスタンスに出す。

なかなか厳しいぞ!笑

そんな市場参加者ひとりひとりの「心理状態の変化」が相場を動かしている。

ということは、外国為替市場に参加している人間の心理状態と、その変化がわかれば、FXで生き残っていけるはずです。

これが間違えのないFXの真理です。

月曜日から木曜日まで上がり続けていた通貨は買っている人が多く、そんな買い手の心理状態は「金曜日だから決済しよう」と変化するのではないか、と考えられる。

実際に金曜日の市場が閉まる直前には、それまでのトレンドが反転することが多い。

市場の特性・時間帯・曜日などによって人々の心理は規則的に変化していく。

大切なのは、モニターの向こうにいるやつらはどんな気持ちでいるだろうか?と考え、心理状態の変化を感じ取ることです。

米ドル円の変動率は0.7%。1%でだいたい1円、1円動くと値動きが大きい。3%も動けば大ニュース。

レバレッジを25倍かけると0.7%が17.5%となります。

1日で最大17.5%口座資産が増える可能性がある。

FXはイチロータイプ。コツコツとヒットを積み重ねる。年50%くらいは余裕で狙える。

「今日もいいトレードができた。21時30分に指標発表があって先が読めないから、一度手仕舞っておこうか。」

そうやって買い手に回っていた投機筋が売り始めたせいで20時すぎからは下落が始まる。下落が終わるのは指標発表による乱高下が一段楽した22時過ぎです。

3つの武器
・時間帯による値動きの特性
・需給分析
・テクニカル分析

9ヶ月で50万円を1000万円にした3つの武器
・縦軸より横軸。時間帯が勝たせてくれる。
・ハイエナから身を守る防具がダウ理論
・投資家心理を読み解く最強ツール、オアンダ
初心者でも勝率7割、年利50%は達成できる。

FXの極意
順バリ、逆バリは時間が決めてくれる
指標トレードはギャンブル、手出し無用
心理を推測する正当理論と裏技
為替市場の特異な法則 アノマリーを利用
なぜみんな損切りができずに死んでいくのか
プロスペクト理論
ファンダメンタルズかテクニカル分析か
勝率よりも利益の嘘
テクニカル分析、時計、オアンダを駆使せよ
スマホひとつあれば世界中どこでもできる。

マイトレードルール
・時間で順バリ、逆バリを決める。
・9時から14時、夏時間:16時から20時、21時から23時、
        冬時間:17時から21時、22時から24時に順バリ
・14時から15時、夏時間:20時から21時、24時から4時
        冬時間:21時から22時、25時から5時に逆バリ
・どこでエントリーしたらいいか?ダウ理論で判断
 抵抗線を明確に上抜けたところで買い
 支持銭を明確に下抜けたところで売り
・いつ損きりしたらいいのか?
 買いの場合は支持銭を下抜けたとき
 売りの場合は抵抗線を上抜けたとき
・オアンダを使って需給分析を行う。
・ボリンジャーバンドとMACDを使ってテクニカル分析も行う。
・利食い10銭、損切り9銭で設定

夏時間と冬時間の境目を調べる。

米国の夏時間:3月の第二日曜日から11月の第一日曜日
欧州の夏時間:3月の最終日曜日から10月の最終日曜日

戦略
・東京市場の高値・安値を抜けると、トレンドが生じやすい。
・月曜日の朝7時に窓を埋める方向にポジションをとる。
 窓を埋めないこともあるので、10銭ほど反対方向に動いたら損切りする。
 少なくとも東京市場が始まる9時までに決済する。30分から1時間半程度で決済
・「5」と「0」がつく日「ゴトー日」に朝9時から9時55分にかけて米ドル/円を買いを仕込んでおく。
 ただし、トレンドが下落トレンドや、前日に米国株が急落して下落トレンドの場合は、仲値のドル買いが効きにくいので取引を見送る。
・ゴトー日の9時54分に米ドル/円の売りを入れると、高い確率で勝てる。
 ただし、短期的な動きを利用した取引なので、長くとも30分以内に決済。
 ただ、下げ幅は大きくない為、5銭で利益確定する。
・スワップ3倍デー
 水曜日の24時ころからだんだんスワップ目当ての買いが入り始めて、木曜日朝7時、夏時間なら6時に向けて円安になりやすい。
 この動きに便乗して同じポジションを仕込む。
 ロールオーバーされる10分前には決済する。
 円の絡んだ通貨ペアなら買い取引。
 ニューヨークの逆バリ時間での取引になるので、全体的なトレンドが下げているときにより有効になる。
 ただ、アメリカの政策金利が発表されるFOMC(連邦公開市場委員会)は午前4時に発表される。約6週間ごとの開催。木曜日と重なった場合は取引を避ける。
・ダウ理論を使えば、初心者の人が迷いがちなどこで買ったらいい?いつ損きりしたらいい?という悩みがなくなる。
・オアンダ オープンオーダー オープンポジション

ロールアップの時間を調べる。

ニューヨーククローズ時。通常だと日本時間の午前7時。夏時間だと午前6時。

・順バリ・・・トレンドについていく。
・逆バリ・・・トレンドと反対方向に取引する。

トレードの基本は順バリ

6つの順バリ、逆バリの時間のなかで、好きなもの、やりやすいものをあげると、
1位:東京時間の逆バリ14時から15時と
   欧州時間の順バリ17時から21時、夏時間16時から20時

ダウ理論と時間による取引ルールを付け加えると、それだけでも協力な武器となります。

ダウ理論+時間のトレード例
米ドル円 30分足前日高値108円90銭台の抵抗線に注目。
東京市場の順バリ時間に抵抗線を上抜けたので順バリでついていく。買いで入って50銭近く上昇した。

・大きな損切りがあるところまで為替レートは動きやすい。
・大きな損切りが約定すると相場に勢いが生まれやすい。

逆指値がそこを抜けると走るポイントであるのに対して、指値はそこで反発しやすいポイント。

オープンポジションの見方は、買い手と売り手、含み益が多いのはどちらだろう。と確認する。

オープンオーダーの見方
現在レートの近くで指値、逆指値が多くたまっているポイントを探す。指値は2%、逆指値は1%が多いと考える目安だが、前後の注文量とのバランスも考慮する。
逆指値をぬけると値動きが加速しやすい。順バリに使いやすい。

オープンポジションの見方
売りと買い、含み損が多いのはどちらかを見る。
右上 含み損の買いが多い 売り手優位で下がりやすい
左下 含み損の売りが多い 買い手優位で上がりやすい

シナリオ
オープンオーダーを見ると105円に指値の買い注文が大量に入っている。1.3%くらい。現在レートは105.34円。下がってきても反発しそう。この日の東京市場はダウントレンド、14時を過ぎてから逆バリ時間に105円まで落ちてきたら反発に期待して買う。という戦略がセオリーとなる。

フルレバとは今持てるポジションを最大に持つ。

取引ルールを守る

1回の負けを10銭までに抑える。つまり、トレールする場合も10pipsで設定する。

オアンダによる需給分析と、時間帯による値動きの特性を利用すれば勝率は飛躍的に高めることができる。勝率7割が目標。

勝率が良くても資産が増えなければ意味がない。いつ利食いし、いつ損切りするか。

決済の基準となるのが時間です。

新規注文が約定し、決済注文の10銭離した利益確定や損切りが約定していなかったら、順バリの場合はエントリーしてから15分以内、逆バリの場合は次の市場が始まるまでに決済します。

9割が米ドル/円
残り1割はユーロ/円かユーロ/米ドル

スマホで使う4つのアプリと確認項目
・ FX取引アプリ
・チャート閲覧アプリ
・株価指数参照アプリ 株価
・ウェブブラウザ

チャート 長期・短期のトレンドがどちらを向いているかを確認
時計 逆バリ時間か、順バリ時間かを確認
オアンダ 現在レート付近のそばで指値、逆指値のたまったポイントを探す。
株価 上昇していれば円安、下落していれば円高のイメージを持つ。

トレードの進め方 逆バリ時間
13時
最初にチャートを見る。長いトレンドと短いトレンドを確認する。
日足チャート アップトレンド
短いトレンド
5分足チャート 9時から14時まで 東京市場の短期トレンドは上14時以降の逆バリ時間に突入。
長いトレンドも短いトレンドも上方向で一致
東京市場の高値は103円95銭
次は、オアンダを確認104円に指値が多い。反転するのではないか。
そこで考えるのが、104円の壁を背にして売るという戦略。
14時30分すぎ、103円90銭台に乗せてきた。売りでエントリー。
16時にはロンドン市場が始まり、新しいトレンドが生まれやすいからそれまでに決済する。

利益確定、損切りのいずれも約定していなくても次の市場が開くまでには決済する。

トレードの進め方 順バリ時間
11時
米国株の下落は円高材料
日足チャート 上
5分足チャート 下
デイトレードで大切なのは短いトレンド。
順バリなら売り、逆バリであれば買い。
前日安値付近に逆指値の売り注文が1%近くたまっている。
戦略①前日安値109円を割ったところで前日安値までの下落を狙う。
戦略②前日安値を割って急落するところを狙う。
オープンオーダーにて108.85に売りの逆指値注文が大量に。これがトレンドの発生サイン。
レートは108円90銭台。
108円85銭割れに逆指値を入れて、下落に勢いがついたところを狙う。
ダウ理論にのっとった戦略。

東京市場や欧州市場の時間帯なら前日のダウ平均と日経平均を。
とくに午前中の相場は前日のダウ平均の影響が色濃く残る。

指値のたまっているポイントを壁にして逆バリで売る。
逆指値のたまっているポイントに逆指値売りを置いて急落を狙う。

現在のレートのそばに注文がたまっているかをまず確認する。
そばというのは目安としてプラスマイナス10銭程度

順バリ時間での買いなら、すぐ上の逆指値買いのたまったポイント
順バリ時間での売りなら、すぐ下の逆指値売りのたまったポイント

逆バリ時間での買いなら、すぐ下の指値買いのたまったポイント
逆バリ時間での売りなら、すぐ上の指値売りのたまったポイント

MACDとボリンジャーバンドが5分足チャートでどんな形になっているかを重視する。

ローソク足がボリンジャーバンドにタッチしたら反転する確率が高い。

東京市場の終了間際の1時間、アメリカの経済指標の発表前の1時間、それに深夜の逆バリ時間で使える。

もうひとつは、ボリンジャーバンドの2σの幅そのものバンド幅に注目。

東京市場レンジを欧州市場の時間にブレイクするところを狙うやり方です。

欧州市場でのレンジブレイクがもっとも確率が高く、安全性も高い。

MACDの使い方
60分足や30分足を見て、アップトレンドの日の逆バリ時間はMACDが0.1付近でデッドクロス間近なときに売り、ダウントレンドの日の逆バリならマイナス0.1付近でのゴールデンクロス間近で買いと考える。より細かいエントリータイミングは5分足で判断する。

取引のフローチャート
今日のトレンド、株価指数をチェックする。
時間帯をチェック
順バリ時間の場合
オアンダで現在レート付近の大きな逆指値を探す
逆指値注文
約定したら決済のOCO注文
未約定ならエントリーから15分以内に決済

逆バリ時間の場合
オアンダで現在レート付近の大きな指値を探す
5分足MACDのクロスを待つ。
クロスしたら成行注文
決済のOCO注文
未約定なら次の市場までに注文の取り消し

取引のおおまかな流れ
1.日足チャートで長いトレンドを確認する
2.60分足チャートで今日のトレンドを確認する
3.時計を見て順バリ、逆バリを決める
4.オアンダ情報を見て取引しなりを描く
5.チャートを見て売買ポイントを決める
6.5分足チャートをみて売買ポイントまできたら発注する
7.決済を待つ。

シナリオ
109円51銭が天井になっていた。日経平均100円上昇。
米ドル円も上昇が濃厚。
オープンポジションでは含み損を抱えた売りのポジション多数ある。
オープンオーダーでは109円代半ばから後半に買いの逆指値が多数みられる。
これらから、
109円台前半での売り手の損切りが109円台半ばから後半に多数入っている。トリガーは8時ころにつけた109円51銭。

そこで新規買いの逆指値109.51
利益確定の指値109.71
損切りの逆指値109.41

資産増やしていこう。