1.ドル円チャート分析

【FX】ドル円チャートの見方を解説!2020/05/28(木)

投稿日:

この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは。dogarse(@d0garse)です。

本記事では2020/05/28(木)のドル円のチャートの見方についわかりやすく解説していきます。

チャートをテクニカル分析をして、戦略を立てて、良いトレードをしていきましょう!

2020/05/28(木)の日経とダウの株価

2020/05/28(木)の日経とダウの株価
2020/05/28(木)の日経とダウの株価

日経+497と大幅に上げ。ドル円は上目線。

ダウは初動は小さい模様。

2020/05/28(木)の日経の日足チャート

2020/05/28(木)の日経の日足チャート
2020/05/28(木)の日経の日足チャート

200日移動平均線をぶち抜けてきているので、上の勢いが強そう。

どこまで上がるでしょうか。

2020/05/28(木)のダウの日足チャート

2020/05/28(木)のダウの日足チャート
2020/05/28(木)のダウの日足チャート

ダウは200日移動平均線で頭を押さえられている形。

この後、上に抜けるか、下に押さえられるか様子を見ましょう。

2020/05/28(木)のオアンダのオープンオーダーとオープンポジション

2020/05/28(木)のオアンダのオープンオーダーとオープンポジション
2020/05/28(木)のオアンダのオープンオーダーとオープンポジション

オープンオーダーでは、左上に利確の指値注文があるから、上がって利確する人がいそう。

オープンポジションでは、右上に含み損を抱えたロンガーがいます。このロンガーは先ほどの利確の指値注文で逃げたい人達かなと予想できます。

下がっていった場合の損切り注文は今回確認できないですね。

2020/05/28(木)のドル円のオーダー

2020/05/28(木)のドル円のオーダー
2020/05/28(木)のドル円のオーダー

108.000を超えると上に勢いがつきそうです。

下は、107.40を割ると勢いがつきそうです。

2020/05/28(木)のドル円の週足

2020/05/28(木)のドル円の週足チャート
2020/05/28(木)のドル円の週足チャート

上昇トレンドラインを引いているのですが、先週がちょうどそのラインにタッチして戻ってきました。このラインが抵抗線の働きをしています。

今週もまたタッチしそうになったのですが届かず戻ってきました。

このことから上に勢いはなさそうですね。

2020/05/28(木)のドル円の日足

2020/05/28(木)のドル円の日足チャート
2020/05/28(木)のドル円の日足チャート

上昇トレンドラインが支持線として機能しています。

今日か明日で、この支持線を下回ったら下方向に勢いがつくかもしれません。

もしくは、支持線として反発するかもですね。

2020/05/28(木)のドル円の4時間足

2020/05/28(木)のドル円の4時間足チャート
2020/05/28(木)のドル円の4時間足チャート

上昇チャネルで囲まれています。

上昇トレンドラインがあるので、このあたりの攻防もみれそうです。

2020/05/28(木)のドル円の2時間足

2020/05/28(木)のドル円の2時間足チャート
2020/05/28(木)のドル円の2時間足チャート

2時間足ではレンジのよう。107.324の直近の安値で支持線の機能として働いています。

高値は切り下がっているので、なんとなくダウントレンドぽいですね。

MACDがデッドクロスしていますね。-2σあたりまで下がってくるかも。

2020/05/28(木)のドル円の60分足

2020/05/28(木)のドル円の60分足チャート
2020/05/28(木)のドル円の60分足チャート

200日の移動平均線にタッチ。→200日線が支持線となると反発する可能性が高い。

21日移動平均線は横向き→移動平均線まで戻ってくる。

ボリバンをかなりはみ出している→ボリバンの間に収まる確率が高い。

2020/05/28(木)の考え方

60分足でみれば短期的に200日線タッチの反発を狙うのもいいかもしれません。

ただ、2時間足をみると、MACDがきれいにデッドクロスしているので、これから下がってくるかもしれません。

その上の4時間足や、日足も、上昇トレンドラインを引けるのですが、この線まではおそらく下がってくるでしょう。

その後、反発するのか、下に勢いがつくのかはわかりませんね。

様子を見るのがよさそうですね。

【まとめ】

短期的にやるなら60分足で200日タッチの反発狙いで5pipsくらいロングでとれればおいしいですね。

それ以外は日足レベルで支持線の境目なので、どっちにいくかわからないので、方向が決まってからエントリーでもいいかもしれないですね。

落ち着いて分析して確実なトレードをしましょう。

それではまた!

-1.ドル円チャート分析
-,

Copyright© Dogarseのドル円FXブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.