1.ドル円チャート分析

【FX】ドル円チャートの見方について!2020/07/07(火)【過去】

投稿日:

こんにちは。dogarse(@d0garse)です。

本記事では2020/07/07(火)のドル円について、5つの時間軸のチャートを見ながら分析しています。どのように考えてチャートを見たかを忘れないように備忘録として残しておきます。

5つの時間軸は次のとおりです。

  • 週足チャート
  • 日足チャート
  • 4時間足チャート
  • 2時間足チャート
  • 60分足チャート

毎日チャートを見ることで、いつエントリーするのがチャンスなのか判断力を鍛えましょう。テクニカル分析して、戦略を立て資金管理をしっかりすることで、良いトレードができます。一緒に試行錯誤していきましょう!

2020/07/07(火)の日経とダウの株価

ダウが大幅に上昇。つられてドル円も上がる可能性あり。

2020/07/07(火)の日経の日足チャート

前日が大陽線になって、上がっていきそうなチャートになっていますね。

2020/07/07(火)のダウの日足チャート

大陽線で25日中期移動平均線を下から上抜けてます。MACDがゴールデンクロスしたらさらに上昇していきそう。

2020/07/07(火)のオアンダのオープンオーダーとオープンポジション

107.800に損切りの逆指値注文がありますね。

ロストカットが発動して上昇に勢いがつくかも。

2020/07/07(火)のドル円のオーダー

オーダーでも107.70~107.80にストップロスがあるのが確認できます。

2020/07/07(火)のドル円の週足

21日移動平均線で頭抑えられてるチャートです。

上昇には大きな勢いが必要そう。

2020/07/07(火)のドル円の日足

大陽線になっている。いまは今日の高値付近ですね。

2020/07/07(火)のドル円の4時間足

ボリバンの+2σにタッチして、上ヒゲを出している。

2020/07/07(火)のドル円の2時間足

ボリバン+2σにタッチで上ヒゲを出している。ボリバンのー2σが広がっていないから、レンジで収まりそう。

2020/07/07(火)のドル円の60分足

107.720が抵抗線として機能している。ここから反落する可能性あり。

【まとめ】抵抗線辺りでショートエントリーして、21日移動平均線の上で利確のイメージ

抵抗線では既に2回反落しています。そのため、3回目も反落する可能性が高いです。

なので、直近の高値を損切りポイントとして背にして、ショートエントリーを検討します。

利確は21日移動平均線の少し上あたりで確実にとっていきたいですね。

まあどうなるかわかりませんけど。w

それではまた!

【追記】大陰線でたので早めに堅実に利確

エントリーして1時間くらいで大きく大陰線だして下落したので、堅実に利確しました。

今回は7pipsくらいとれました。

結果論ですが、もう少し我慢していたら、107.500あたりまで下がってきていたので、15pipsは取れましたね。

でも、すぐに吹き上げる可能性もあったので、堅実にいっててよかったです。

-1.ドル円チャート分析
-,

Copyright© ドル円FX投資ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.