1.ドル円チャート分析

【FX】2020/07/31(金)のドル円チャート分析!

投稿日:

こんにちは。dogarse(@d0garse)です。

本記事では2020/07/31(金)のドル円について、6つの時間軸のチャートを見ながら分析しています。どのようにチャート分析したかを忘れないように備忘録として残しておきます。

テクニカル分析で戦略を立て、資金管理をして、良いトレードを一緒にしていきましょう!

2020/07/31(金)の日経とダウの株価

usdjpy-chart-analysis-2020/07/31
usdjpy-chart-analysis-2020/07/31

日経平均は大幅に下落しました。

-629はだいぶでかいですね。

しかし、ダウ平均は+114と大幅に上昇しています。

日経平均とダウ平均は連動するのが通常ですが、今日は逆方向ですね。

なぜでしょうか。

2020/07/31(金)のオアンダのオープンオーダーとオープンポジション

usdjpy-chart-analysis-2020/07/31

オアンダのオープンオーダーとオープンポジションについて見ていきます。

オーダーみると、105.000に指値注文がたまってます。

このまま下がると思っていたショーター達が利確のためにいれていた注文でしょう。

ただ、ポジションを見ると、ショーターでポジションを持っている人達は見当たらないですね。

105.750あたりに含み損を抱えたショーターがいるので、この人達は決済うまくできなくて捕まってしまった人達でしょう。

その他のショーターはおそらく無事に利確できたのかな。

2020/07/31(金)のドル円のオーダー

usdjpy-chart-analysis-2020/07/31

105.30と105.50のストップロス買いは全て狩られましたね。

106.000までタッチしているので、ショーターが入れていた損切り注文が見事狩られています。

2020/07/31(金)のドル円の月足チャート

usdjpy-chart-analysis-2020/07/31

ボリバンの-2σにタッチして反発しています。

ボリバンが広がっていないので、トレンドにはならなさそうです。

2020/07/31(金)のドル円の週足チャート

usdjpy-chart-analysis-2020/07/31

今週は凄く長い下ヒゲをつけましたね。

こんだけ長い下ひげであれば買いサインなのでロングでエントリーしたいところですが、8月は円高になるアノマリーがあるので、エントリーは控えましょう。

2020/07/31(金)のドル円の日足チャート

usdjpy-chart-analysis-2020/07/31

月曜からかけて下がってきたドル円を一気に1日で上げてます。

ボラとしては2円近くありますね。

これが取れてれば良かったんですけど。

まだまだ未熟ですね。

本当はこの反発を取りたくてロングエントリーしていたが、タイミングが早すぎました。

2020/07/31(金)のドル円の4時間足チャート

usdjpy-chart-analysis-2020/07/31

中期の21日移動平均線が横向きになっています。

これがトレンドの変わり目ですかね。

2020/07/31(金)のドル円の2時間足チャート

usdjpy-chart-analysis-2020/07/31

2つのレンジがあったのですが、下のレンジは突き抜けてきましたね。

目先の動きとしては、105.300まで戻ってきますかね。

2020/07/31(金)のドル円の60分足チャート

usdjpy-chart-analysis-2020/07/31

長期の200日移動平均線にタッチ。

本当はここで利確したかったです。

なかなかうまくいかないですね。

ただ、今回は損切りをしなかったので、損をしていないというのが大きいです。コツコツドカンをしなくてよかったです。

【まとめ】

8月になって閑散期となりますので、みなさんもバケーションにいきましょう。

相場からは離れるのが正解ですね。

9月になったらまた頑張りましょう。

まあどうなるかわかりませんけど。w

それではまた!

-1.ドル円チャート分析
-,

Copyright© ドル円FX投資ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.