1.ドル円チャート分析

【FX】2020/08/05(水)のドル円チャート分析!

投稿日:

こんにちは。dogarse(@d0garse)です。

本記事では2020/08/05(水)のドル円について、6つの時間軸のチャートを見ながら分析しています。どのようにチャート分析したかを忘れないように備忘録として残しておきます。

テクニカル分析で戦略を立て、資金管理をして、良いトレードを一緒にしていきましょう!

2020/08/05(水)の日経とダウの株価

日経平均は-58円で微減。

ほとんど動きがない状態です。

レンジ状態ということです。

昨日の夜のダウ平均は+164と大幅に上昇していました。

ドル円はダウ平均につられて上昇する可能性があります。

2020/08/05(水)の日経の日足チャート

日経平均は25日移動平均線で推移しています。

ちょうど平均に戻ってきているところなので、今後上下どっちにもいく可能性があります。

2020/08/05(水)のダウの日足チャート

ダウ平均は上がっていきそうなチャートです。

直近の高値である27071ドルが抵抗線となりそうです。

抵抗線で反落する可能性をまず考えます。

2020/08/05(水)のオアンダのオープンオーダーとオープンポジション

オアンダのオープンオーダーとオープンポジションについて見ていきます。

ポジションをみると、105.550でショートエントリーして、含み損を抱えてる人達が多いのがわかります。

このショーターが損切りするとドル円は上昇していきます。

オーダーをみると右上のほうに青い部分がでているので、これから損切り注文があるのがわかります。

2020/08/05(水)のドル円のオーダー

オーダーで確認すると、106.400あたりにストップロスがあるみたいです。

2020/08/05(水)のドル円の月足チャート

月足は陰線で動きがない状態です。

2020/08/05(水)のドル円の週足チャート

週足も陰線でレンジです。

2020/08/05(水)のドル円の日足チャート

日足は21日移動平均線まで戻っていくようなチャートです。

MACDもゴールデンクロスしそうでしない形です。

ただ、方向感としては上に行く確率が高いです。

2020/08/05(水)のドル円の4時間足チャート

4時間足ではMACDがデッドクロスしているので下落目線です。

移動平均線もデッドクロスしていますね。

2020/08/05(水)のドル円の2時間足チャート

2時間足ではゆるやか〜に下落しています。

支持線となっている105.300あたりまでは下がってくるかもですね。

2020/08/05(水)のドル円の60分足チャート

ドル円の60分足ではMACDがゴールデンクロスしています。

レンジ相場で下側にあるので上がっていく確率が高いので少ない5pipsくらいならとれると判断できます。

今回はロングでエントリーしました。

エントリーした根拠

  • 105.500が支持線となっていた
  • 200日移動平均線も支持線となっていた
  • MACDがゴールデンクロスしそう
  • ボリンジャーバンドの-2σの近くで反発しそうだから

エントリーした根拠は4つあります。

短期的には上がりそうでした。

ただ、4時間足では下落のサインが出ているので注意が必要です。

ショートして1日置いておけば5pipsもとれたでしょうね。

要はどっちでもよかったなw

5pipsで利確

エントリーして1時間後くらいに無事チロリンと音がなって利確されました。

5pipsです。

約定履歴

こちらが利確した証拠画像となります。

【まとめ】

レンジ相場でも、小さいpipsで確実に稼いでいくことができました。

短時間でコツコツ積み上げていきたいですね。

まあ、いつ動くかはわからないので注意が必要ですが。

今週の金曜は雇用統計があるので、ノーポジで迎えたいですね。

それではまた!

-1.ドル円チャート分析

Copyright© ドル円FX投資ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.