ドル円チャート分析

【FX】2020/09/15(火)のドル円チャート分析!

更新日:

この記事は約 4 分で読めます。

こんにちは。dogarse(@d0garse)です。

本記事では2020/09/15(火)のドル円について、5つの時間軸のチャートを見ながら分析しています。どのようにチャート分析したかを忘れないように備忘録として残しておきます。

テクニカル分析で戦略を立て、資金管理をして、良いトレードを一緒にしていきましょう!

2020/09/15(火)の日経とダウの株価

ダウが大幅増加

その後の日経は大幅に下がってますね。

日経につられて、今日のダウは下がるかもしれませんね。

となると、ドル円もドルが売られて下がっていく可能性が高いです。

2020/09/15(火)の日経の日足チャート

日経はまた上がってきましたね。

2020/09/15(火)のダウの日足チャート

ダウも上がってきましたが、25日移動平均線で抵抗線となって上値が重い展開になりそうです。

2020/09/15(火)のオアンダのオープンオーダーとオープンポジション

オアンダのオープンオーダーとオープンポジションについて見ていきます。

オープンポジションでは、105.500でショートしたひとたちが含み損を抱えています。

このひとたちの損切り注文がオープンオーダーの105.500より上にいくつかあります。

戦略としては、この損切り注文を狩りにいく動きについていきたいです。

2020/09/15(火)のドル円のオーダー

オーダーみると、106.300にストップロス買いがありますので、これが損切りの注文であることがわかります。

2020/09/15(火)のドル円の週足チャート

週足では、下ひげをださずに大きな陰線となっています。

絶好の安く買えるポイントですね。

2020/09/15(火)のドル円の日足チャート

ボリバンの-2σで反発しそう。

+2σも広がっていないので、バンドウォークはしなさそう。

きになるのはMACDがデッドクロスしているところ。

2020/09/15(火)のドル円の4時間足チャート

直近の安値の支持線をぶち抜けて下がっている。

調整してからの2回目の下げですね。

まあ、これもいずれ上がってくるでしょうね。

2020/09/15(火)のドル円の2時間足チャート

MACDはゴールデンクロスしそうだったのに、急降下してますね。

2020/09/15(火)のドル円の60分足チャート

急落しているので、また106.000あたりまで戻ってくるでしょう。

105.000台は車産業が両替する買いポジションが多くあるので、いずれ上がっていく確率が高いですね。

【まとめ】

まだ下落トレンドなので、ロングするのには早かったけど、200日移動平均線まで帰ってくる性質があるので、長期でホールドしようかなと思います。

まあどうなるかわかりませんけど。w

それではまた!

-ドル円チャート分析
-

Copyright© Dogarseの投資ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.