ドル円チャート分析

FXドル円チャート分析|2021/09/10(金)

投稿日:

この記事は約 4 分で読めます。

こんにちは。dogarseです。

本記事では、FXドル円のチャートについて、個人的に分析した結果を備忘録としてまとめています。

ドル円60分足チャート

109.689が直近の安値。

1回、安値をブレイクして下にいこうとしているけど、だましとなっていますね。

サポートラインをブレイクしたら勢いつくからエントリーするみたいな手法があるんだけど、だいたい狩られるわ。

みんな逆にショートでエントリーしてくるだろうから、それを狙ってロングで入るんだろうね。

オアンダのオープンオーダーとオープンポジション

ポジションみると、109.750で1.5%もロングで含み益を持っている人たちがいるんだよね。

この人たちは利益がでているから、強気でさらにロングエントリーしてくるから、ドル円は上がっていくんだよね。

ドル円オーダー

109.60にストップロスがあるから、ここまで下がると下に勢いがつくんだろうね。

109.680じゃあまだ上のほうってことやな。

ドル円日足チャート

日足はレンジやね。

ボリンジャーバンドが収縮しているから、今後どっちかにはねるね。

どっちだろうか。

ここの大きく動くトレンドにのっかりたいね。

初動を見極めよう。

ドル円30分足チャート

30分足では、きれいな波動をつけているね。

移動平均線の5日と25日がゴールデンクロスしてロングエントリーしているひとがいて、ここはわかりやすいエントリーポイントだから、大口がショートしてこのロングポジションを狩っているね。

そして、一旦下がってまた上がりだしている。

エントリー

理想的なロングのエントリーポイントは、9時過ぎて東京市場になって、21日移動平均線にタッチしたくらいやな。

後日、答え合わせ

109.991までとしっかり上がりましたね。

そして、110.000の大きな壁の手前でみんな利確しているね。

逆にここでショートエントリーするとまた利益とれるわ。

16時まであがって、17時にいったん大きく下がって、また110.000近くまであがっていくこの動き、このへんで大口がなんかやってるよねw

この日は戦略通りに2回取引して2勝することができたな。

いい感じ。

1週間に1回週足はみておこう。

週足でもレンジだね。

MACDはダウントレンド傾向だからこれから下がってきてほしいな。

てか、1.000近くにずっときているんやねw

2月のアップトレンド強すぎたな。

-ドル円チャート分析

Copyright© ドル円FX投資ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.